ファームウェア

ページ下部の使用許諾条件を必ずお読みください。
この条件に同意された場合のみ、本ページに登録されているソフトウエアをご利用になれます。

【登録名称】 F50v110.EXE
WorkCentre 1150J ファームウェア
Windows XP用ファームアップデートソフト付き
【登録日】 2001年12月10日
【バージョン】 1.10
【対象機種】 WorkCentre 1150J
【動作環境】 日本語Microsoft Windows XP
IBM® PC-ATおよび互換機(NEC社のPC9800シリーズ機は、対応しません)
【ファイル形式】 自己解凍形式
【ファイルサイズ】 344,163 バイト
【転載条件】 転載、再配布、商行為は一切禁止
【著作権者】 富士ゼロックス株式会社

前バージョン(Ver.1.06)からの変更点

  1. ドライバーで用紙をはがきと選択した場合、後端の印字可能領域を3mmにしました。はがき印刷以外は、従来と変わりません。
  2. はがきの引き込み動作を改善しました。

アップデート対象

  • Windows® XPが動作しているパソコンに、パラレルケーブルまたはUSBケーブルを用いてWorkCentre 1150Jに接続する方が対象となります。
    ただし、アップデートは、パラレルケーブルを使用してください。USBケーブルからはアップデートは出来ません。
    注)弊社の他の商品には使用しないでください。

ダウンロード方法

  • デスクトップ上(推奨)にダウンロードします。

アップデート前の注意点

WorkCentre 1150J (Windows® XP用)プリンタードライバー(Ver.1.10以上)をパソコンにインストールした後に必ず、ファームウエアアップデート(Ver1.10)を行なってください。

プリンタードライバーVer.1.10以前とファームウエアVer1.10の組み合わせでは正しく動作しません。
また、プリンタードライバーVer.1.10以上とファームウエアVer.1.10以前の組み合わせでも正しく動作しません。

F50v110.EXEを実行する前に、セキュリティソフトウエア、およびウィルスチェックプログラムなどの機能を停止してください。このアップデートを行なっても、お使いのコンピューターのハードディスクに保存されているファイルなどには影響ありませんが、アップデートを始める前に、大切なファイルはバックアップされることを推奨します。

アップデート方法

注意:アップデート中は、絶対にWorkCentre 1150J およびコンピューターの電源を切ったり、電源コードやプリンターケーブルを抜かないでください。

  1. WorkCentre 1150J および、パソコンの電源を切り、プリンターとパソコンをパラレルケーブルで接続します。
     
  2. パソコンの電源を入れます。
     
  3. 動作中のアプリケーションを、すべて終了してください。
     
  4. WorkCentre 1150Jの電源を入れます。
     
  5. 「F50v110.EXE」アイコンをダブルクリックして、解凍します。
    デスクトップ上には、「F50v110」フォルダが出来ます。この中にインストールファイル(F50v110.bin,Fwinfo.ini,Fwup32.exe,DgivEcp.sys,LxUsbOpn.dll) がはいっています。

     
  6. 「F50v110」フォルダ内の「Fwup32.exe」をダブルクリックしてアップデートを開始します。
     
  7. デスクトップ上に『F/Wユーティリティー』ダイアログが表示されたら、「搭載F/Wバージョンの読込み」ボタンをクリックします
     
  8. 「アップグレード出来ます」とメッセージが出たら「アップグレード実行」ボタンをクリックします。
    (ここで、「アップグレードの必要がありません」とメッセージが出たら、すでに最新のファームウエアが搭載されていますので、終了ボタンをクリックしてダイアログを閉じてください。アップデート作業は終了です。)

     
  9. 「アップグレード実行の再確認」画面が表示されますので、「はい」をクリックします。
     
  10. 「アップグレード出来ます。」画面が表示されますので、「OK」をクリックします。
    ファームウエアのアップデートがはじまります。

     
  11. アップデートは下記の要領で実行されます。

    (1) PCからプリンターにファームウエアが転送されます。
     「転送中...電源を切らないでください!」メッセージが表示されます。
     『F/Wユーティリティー』ダイアログの進捗バーが進みます。
     1150Jの「診断ディスプレイランプ(操作パネル中央)」の3つのランプが点灯します。
    (2)転送後プリンター内部でアップデートが行われます。
     「書込み完了...イニシャライズ終了まで電源を切らないでください。」メッセージが表示されます。
     『F/Wユーティリティー』ダイアログの進捗バーが100%になります。
     1150Jの「診断ディスプレイランプ(操作パネル中央)」の3つのランプは消灯後、順次点灯していきます。
    (3)アップデート終了後1150Jの初期化動作が始まり、ディスプレイに「001」が表示されます。
     『F/Wユーティリティー』ダイアログは自動的に消えます。

注)アップデートでエラー、あるいは正常終了しなかった場合、WorkCentre 1150Jの「診断ディスプレイランプ(操作パネル中央)」のランプが点灯し続けます。
3つのランプが点灯している場合は、電源ケーブルを抜いて数分から15分程度放置し、電源ケーブルを差し込むことで、正常に復帰します。再度、アップデート作業を行なってください。

以上でアップデートは終了です。

ソフトウェアの履歴

2001年12月10日 Ver1.10 Windows® XP対応

ソフトウェアダウンロード

使用許諾条件に同意し、HTTPでダウンロード

使用許諾条件

サービスに登録されているソフトウエア(以下、提供ソフトウエアといいます。)をダウンロードする前に、以下の「使用許諾条件」を必ずお読みください。使用許諾条件に同意された場合のみ、ソフトウエアをダウンロードして使用することができます。

  1. 提供ソフトウエアの著作権は、富士ゼロックス株式会社(以下、富士ゼロックスといいます。)ならびに原権利者に帰属します。
  2. 提供ソフトウエアは、各提供ソフトウエアに対応する富士ゼロックス製品を利用する目的で日本国内においてのみ使用することができます。
  3. 提供ソフトウエアを使用するにあたっては、各提供ソフトウエアに関して富士ゼロックスが本サービスで明記する注意制限事項等を遵守してください。
  4. 提供ソフトウエアの全部または一部を修正、改変し、またはリバースエンジニアリング、逆コンパイルあるいは逆アセンブル等により解析することを禁止します。
  5. 提供ソフトウエアを通信回線を利用し頒布すること、フロッピーディスク、磁気テープ等の他の媒体に複製し第三者に譲渡、販売、貸与、使用許諾することを禁止します。
  6. 富士ゼロックス、富士ゼロックスの販売会社、特約店および提供ソフトウエアの原権利者は、提供ソフトウエアを本サービスで明記する注意制限事項等で特定する以外の機器あるいはプログラムと組み合わせること、また提供ソフトウエアを改変することに起因して生じた損害、損失等に関し責任を負うものではありません。
  7. 富士ゼロックス、富士ゼロックスの販売会社、特約店および提供ソフトウエアの原権利者は、提供ソフトウエアに関し何らの保証責任および賠償責任も負うものではありません。

以上