環境方針

エコロジー&セーフティ基本方針

富士ゼロックスおよび関連会社は、環境保全と安全確保は企業の存立基盤であるとの認識にもとづき、 全従業員を挙げて、環境負荷の低減およびお客様、市民および従業員の生命、身体、財産の保護に対する万全の配慮を払った事業活動を営むとともに、その維持向上に最善をつくす。
  1. 法規制・自主基準の遵守
    事業活動の遂行においては、環境保全および安全性に関する諸法規および業界基準は最低限の遵守事項とし、それらに加えて制定した社内諸規程・基準を遵守する。
  2. 省資源・省エネルギーへの取組
    商品系および事業所系の双方において、資源・エネルギーの節約、再資源化、再生資源利用等を促進するとともに、環境影響評価にもとづく事業活動全体での省資源・省エネルギーに努める。
  3. 最新技術の開発・導入
    環境保全・商品安全に関する先進的技術の開発・導入を図り、一層の環境負荷低減および商品安全向上に努める。
  4. 管理システムの改善・強化
    各種監査等の実施により、環境保全・商品安全に関するマネジメントシステムの一層の改善・強化を図る。
  5. 社会との調和の向上
    環境保全・商品安全に関する行政プログラム、業界活動および地域活動に企業として参画し、また従業員の自主的な参画を支援する企業市民活動に積極的に取り組むことにより、社会との調和の向上に努める。
  6. 環境マーケティングの実践
    お客様の環境ニーズを把握・共有し、環境保全活動を通じて培った知見を活用して、お客様における環境経営度の向上に貢献する。
  7. 情報の公開
    環境保全・商品安全活動に関する情報を積極的かつ広く社内外に公開し、その評価を活動にいかす。
  8. 不測の事態への対応
    不測の事態により、地域環境への悪影響の発生もしくは発生の懸念または商品安全事故等の問題が発生した場合は、誠意をもって迅速かつ適切に解決を図るとともに、徹底してその再発防止に努める。
  9. 教育・啓発
    環境保全・商品安全に関して従業員を教育し、その意識を高めるとともに本方針に沿った行動を促す。
  10. パートナーとの協業
    協力会社・パートナーに対しても理解を求め、本方針に沿った事業活動を一体となって展開するよう努める。

Challenge Eco No.1活動方針(統合EMS環境方針)


「Challenge Eco No.1」では、 それぞれの機能において、社会や他社へキャッチアップしなくてはならない「マスト項目」と、ダントツの価値提供を目指す「戦略項目」を設定し、KPIと実行計画を定めてEcoNo.1の実現に向けて活動を進めます。 また、本社機能は、全社運動や機能を横断するテーマをリードするとともに、活動の成果を社内外にアピールする役割を担います。 機能を横断するテーマとしては、「CSR経営としての環境経営の風土化」や「新しい働き方の追及とそのためのインフラ支援整備」などにおいて、組織の壁を越えてダントツの価値提供を目指して取り組みます。

「Challenge Eco No.1」では、 これらの全社/機能のKPIをトップダウンで展開することに加え、従業員一人ひとりの意識と自発的な活動が重要になります。 一人ひとりが日々の活動の中で高い意識を持って行動するかどうかで全社の成果が大きく変わってくるからです。 富士ゼロックスは、「強い」「やさしい」「おもしろい」会社を目指し、資源循環や省エネ機器の開発などで社会や競合を早くからリードしてきた会社です。 本業を進めることで環境に貢献するという意識を共有し、社員一人ひとりが自発的に、そして全社が一丸となってEco No.1に向けた取り組みを進めることで、全てのステークホルダーにとってエクセレントな会社になる。 それが「Challenge Eco No.1」です。