富士ゼロックス北海道の歩み

沿革

1980年 富士ゼロックスと伊藤組の共同出資により「北海道ゼロックス販売株式会社」設立
1982年 道内営業拠点開設を開始
1985年 社名を「北海道ゼロックス株式会社」に変更
1989年 特約店様による全道拡販体制を確立
1999年 社員による会社VISION「私たちの目ざすもの」制定
2000年 創立20周年記念として札幌大通公園に記念植樹、掲示板寄贈
2001年 富士ゼロックス北海道支店と統合。ISO14001認証取得
2005年 富士ゼロックス出資比率100%となる。ISMS認証取得
2006年 社名を「富士ゼロックス北海道株式会社」に変更
[同年10月]富士フイルムホールディングが発足し、富士ゼロックスが富士フイルムと共に事業会社としてスタート。
富士ゼロックスグループ北海道基幹チャネルとしての位置付け。

営業拠点の展開

1980年 札幌市に「北海道ゼロックス販売株式会社」として設立 営業開始
1981年 旭川、釧路、函館に営業所を開設
1982年 小樽、苫小牧、帯広、北見、室蘭に営業所を開設
静内にサービス駐在所を開設
1983年 稚内、倶知安、岩見沢、紋別、名寄にサービス駐在所を開設
1985年 中標津、根室、留萌、江差にサービス駐在所を開設
1988年 札幌東営業所を開設
稚内を営業所とする
1989年 札幌北営業所を開設
1990年 札幌中央第1営業所、札幌中央第2営業所、札幌西営業所を開設
網走出張所を開設
1991年 本社移転
恵庭営業所を開設
1996年 留萌を営業出張所とする
1997年 網走、留萌を営業所とする
2001年 市場統合により新販社スタート、大手営業部設置
2003年 販売本部移転
2005年 岩見沢を営業所とする
大手カストマーサービス部設置
2006年 北西サービス拠点移転
2010年 本社、販売本部移転
本社ビル本社ビル