契約書電子化ソリューション

こんな課題はありませんか?

課題1 問い合わせ対応を迅速にしたい

お客様や営業部門からの契約書類についての問い合わせに対し、契約書類をすぐに探せず、レスポンスに時間がかかる。また間違って旧版を参照してしまうこともある。


     

課題2 契約書類の重複管理をなくし、セキュリティ事故を抑止したい

本部への問い合わせに時間がかかるため、各営業拠点でも契約書類を重複管理している。頻繁に出し入れするため、書類の紛失や紛れ込み、置き忘れなどによる情報漏洩が心配。


    




課題3 契約更新忘れを抑止し、確実に更新を行いたい

契約期間の期限管理がマンパワーに頼っているため、更新時期を失念してしまい対応が遅れることがある。

   


契約書電子管理のご提案

1.契約書類電子管理による問い合わせ対応を効率よく!

原本保管が必要な「契約書」も「控え」を電子化し、閲覧作業は自席で対応!


  

2.一元管理による多重管理を回避!

各拠点で契約書のコピーをとると、多重管理になってしまいます。各拠点での保管をなくし、本部で一元管理することで、常に最新版を閲覧できる環境が整います。


 

3.契約期限で検索することが可能!

契約書に、検索キーワード(属性)をつけておくことで、契約満了日で検索したり、保存年限が超過した契約書を削除することが容易になります。


 

改善による効果

大きな労力・コストをかけずに、ファイルサーバーを利用した契約書管理の仕組みづくりが行えます。契約書の管理だけではなく、各種文書管理にもご利用いただけます。


 

お問い合わせはこちらから
お問い合わせ