見積書作成管理ソリューション

見積書の送付から管理までどのように対応していますか?

作業効率の低下や対応の遅れなどにより、見積対応に支障をきたすと、ビジネス機会損失リスクにつながります



現状の見積業務の問題点

作業効率の低下や対応の遅れなどにより、見積対応に支障をきたすと、ビジネス機会損失リスクにつながります。




見積業務における課題



見積書業務の課題解決のご提案

1.見積書送付フローの効率化のご提案



2-1.見積書電子管理のご提案



2-2.必要なソフトウェア

お客様のご要望に合わせて組み合わせ可能です。以下の3モデルの中からお選びいただけます。



梅:「属性」の付け方(DocuWorks8)

DocuWorks8のプロパティ画面から、検索に必要な属性を付与します。



梅:検索の方法(DocuWorks8)

DocuWorksの通常検索機能を利用し、あらかじめ設定しておいた検索キーワードで資料を検索することが可能です。



竹:「属性」の付け方 (文書属性プラグイン)

DocuWorksプラグインソフトを追加すると、さらに属性が付けやすくなります。



竹:検索の方法(文書属性プラグイン)

「見積書No」、「担当者」、「日付」等、あらかじめ設定しておいた検索キーワードで、資料を検索することが可能です。検索項目もプルダウンから簡単に選択ができ、よりスムーズに見積書を探し出せます。



松:「属性」の付け方 (PowerList2)

DocuWorksプラグインソフトを追加すると、さらに属性が付けやすくなります。属性の一括登録や、属性を元にファイル名を一括変換できるため、ルールの統一化も図れます。



松:検索の方法 (Excelの画面から)

電子化した見積書をPowerListを使ってExcelの台帳へ変換することも可能です。
DocuWorksが入っていないPCからも検索ができ、フィルターで誰でも簡単に見積書を探し出せます。

※ファイルの閲覧にはDocuWorks Viewer Light(無償)が必要となります。



クラウドの活用で外出先での業務改善

外出先からの見積書閲覧



Working Folderについてはこちらをご覧ください。
→ドキュメント共有を支援するクラウドサービス「Working Folder」

梅モデル価格



竹モデル価格



松モデル価格



お問い合わせはこちらから
お問い合わせ