DocuWorks文書情報エントリーのご紹介

DocuWorks文書情報エントリーとは

DocuWorks 文書情報エントリーとは、DocuWorks文書やPDF文書の文書情報(属性値)の入力を行うDocuWorksのオプションソフトウェアです。

DocuWorks Deskのツールバーやお仕事バーに配置したボタンから起動します。
DocuWorks 文書情報エントリーの特長は以下の通りです。




特徴1:直感的操作

DocuWorks 文書情報エントリーの操作画面は、 「文書表示」、「属性情報」、「画像情報」、「入力者情報」、「登録先情報」で構成します。
文書を拡大したりページをめくったり文書の内容を確認しながら、必要な属性を効率的に入力可能です。




①文書表示
選択したファイルが表示。「部分イメージコピー」「テキスト選択モード」などで文字情報を抽出できます。

②属性情報
選択したファイルに付与する属性が表示されます。必要な属性情報を入力します。
必要に応じて文書種類(最大10種類まで)や属性名の追加も可能。

③画像情報
選択したファイルの解像度など、画像に関する情報を表示。

④入力者情報
操作するユーザー情報を表示。

⑤登録先情報
文書種類によって割り振られるファイルの登録フォルダーとファイル名の情報、ファイルの操作に関するボタンを表示。



特徴2:部分OCRによる属性入力

スキャン文書に対し、マウスで指定した部分OCR処理結果を属性値に反映します。
見積書や注文書、領収書など、文書種類によって異なる位置に配置された情報でも、マウスで必要な領域を 指定してOCR処理した結果を属性値に割り付けることで、属性入力の手間を削減します。




特徴3:文書種類に応じたルール設定

利用者は、メニューから必要な属性を入力して、「登録」ボタンを押すと、管理者が設定したルールに従って自動的に振り分け。フォルダー構成やファイル名などを意識せずに手間を削減します。
管理者は、電子化する文書種類(領収書、請求書など)や属性種類、振り分け先(登録先)のフォルダー構成、文書ファイルの名前付けルールを設定します。




詳細、動作環境、価格(ライセンス認証版1ライセンス 9,800円(税別)~)はこちらからご確認ください。

→富士ゼロックス DocuWorks 文書情報エントリー