多様性への取り組み

 

当社を含む、富士ゼロックスおよび関連会社の活動範囲はグローバルに広がっています。 お客様や市場は多岐にわたり、一緒に働く仲間も多様です。 この「私たちらしさ」を活かして大きな力にするためにも、多様性の尊重は欠かせません。 相互に積極的に学び、刺激していきます。 そしてそれぞれの価値をさらに高めることをお手伝いして、豊かな社会づくりに貢献したいと思います。

””

富士ゼロックス北陸株式会社 次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

従業員が仕事と子育てを両立させることができ、従業員全員が働きやすい環境をつくることによって、すべての従業員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成27年4月1日〜平成32年3月31日までの5年間

2.内容

目標1:両立支援に関する制度の周知をはかる。

対策

  • 平成27年4月〜社内Webの制度一覧掲載ページ作成、公開。

目標2:計画期間内に所定外労働時間を全社平均15時間未満にする。

対策

  • 平成27年4月〜ノー残業DAYの徹底。
  • 平成27年4月〜本人誕生日の有給休暇取得推進。
  • 平成27年4月〜子どもの学校イベント時(入学式・卒業式)の有給休暇取得推進。
  • 平成27年4月〜祝日のない月・夏季休暇・年末年始休暇の有給休暇取得推進。
  • 平成27年6月〜フレックスタイム制度の導入。

富士ゼロックス北陸株式会社 女性活躍推進法に基づく行動計画及び情報公開

女性が能力発揮・キャリア形成できるよう、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成28年4月1日〜平成33年3月31日の5年間

2.当社の課題

  • 育休から復帰した時間制約のある女性が、元の業務や役割を果たしにくい部署や職種があり、出産後の能力発揮・キャリア形成が困難となっている。
  • 採用女性割合、管理職に占める女性割合は水準に達しているが中間層の女性が少ない。管理職を目指そうと考える女性が少ない。

3.目標

  • 育休取得者とその上司を対象とした復職研修を100%実施する。

4.取組内容

(1)育休復職者とその上司を対象とした制度利用者の能力開発やキャリア形成支援研修

  • 平成28年3月〜現場ヒアリング、意見収集をふまえた内容の検討。
  • 平成28年5月〜研修のトライアル実施。
  • 平成28年7月〜全対象者への研修実施の拡大。

女性の活躍の現状に関する情報公表

平成29年4月現在

  1. 管理職に占める女性労働者の割合:9.9 %(2017年4月1日現在)
  2. 採用した労働者に占める女性労働者の割合:33%(2017年度実績)
  3. 男女の平均継続勤務年数の差異:5.3 年(男性 18.3 年、女性 13.0 年)(2017年4月1日現在)
  4. 男性社員数195人、女性47人。うち既婚女性数29人、うちお子様がいる女性数24人。(2017年4月1日現在)
  • 注記 対象従業員区分 正社員のみ

関連情報