社長あいさつ

お客様の価値創造を支援するために

富士ゼロックス長野は1981年の設立以来、「ドキュメントサービスとコミュニケーションの領域で、お客様に卓越したソリューションを提供し、ダントツのお客様満足の実現を追求する」。これを経営理念として掲げ、お客様のベストパートナーを目指して日々活動しております。

1960年代に紙の情報を複写するゼログラフィーの技術でオフィスに変革を起こし、機械そのものでなく効用を提供するレンタルサービスにより、買うから借りるを定着させました。そして現在、さまざまな商品・サービス・ノウハウを通じてお客様のコミュニケーション活動や価値創造のための環境構築を支援しております。

近年、ビジネスはICT(Information and Communication Technology)やIoT(Internet of Things)の発展で世界中がネットワークでつながり、流通する情報の量や種類は膨大になるなど、日々競争が激化する中で業務プロセスは、より迅速な意思決定が求められています。
一方、コンプライアンス強化、情報セキュリティ強化、ガバナンス強化といったエビデンスを残すための書類が多く発生するなど、業務プロセスは複雑化し課題は山積しております。
今まさに、働き方改革は、多くの企業/組織にとって避けて通れない経営課題となっております。

当社は、長年にわたり培ってきたコミュニケーションにおけるさまざまな技術やノウハウを富士ゼロックスが提唱する「Smart Work Innovation」をベースに、業務プロセス上で発生するドキュメントプロセスを必要に応じて最適な形に変換して清流化(効率化)する環境をご提案しています。

そして、個々の企業の枠組みを越えたスムーズな企業間連携や地域コミュニティの活性化に貢献することで、富士ゼロックス長野は、「お客様の価値創造を支援するために」を通じて、お客様・地域社会・社員が共に繁栄できる会社創りを目指してまいります。

富士ゼロックス長野株式会社
代表取締役社長 澁谷 泰宏