社会貢献活動レポート

社会福祉
手作り拡大教科書を制作支援

弱視の子供たちの学習を支援する為、ボランティアグループが教科書の拡大版を手作りで作成しました。

1980年頃から始まったこの活動は、教科書の挿絵、写真、地図、グラフ等を白黒コピーし、色をつけるなど作成に大変なロードがかかっていました。
そのため富士ゼロックスは、1994年から全国の支店や営業所、販売会社のカラー複写機を無料でご利用いただきボランティアの皆様の負担ができるだけ少なくなるよう支援を始めました。

この拡大教科書を通し、弱視の児童・生徒も文化的な価値を共有する事を狙いとして実施しています。富士ゼロックス大阪ではショールーム(Document CORE Osaka)で「場」と「複合機」を提供して拡大教科書制作に協力しています。

一人ひとりに合わせた様々な教科書の作成を支援します。
この日は、小学1年生Yさんの「算数」と中学1年生Nさんの教科書作りです。
コピー作業やページ揃えをする岸和田拡大写本グループのみなさん