多様性への取り組み

当社を含む、富士ゼロックスおよび関連会社の活動範囲はグローバルに広がっています。お客様や市場は多岐にわたり、一緒に働く仲間も多様です。この「私たちらしさ」を活かして大きな力にするためにも、多様性の尊重は欠かせません。相互に積極的に学び、刺激していきます。そしてそれぞれの価値をさらに高めることをお手伝いして、豊かな社会づくりに貢献したいと思います。

富士ゼロックス大阪株式会社 次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成27年4月1日〜平成30年3月31日までの3年間

2.内容

目標1

計画期間内に育児休業の取得を次の水準以上にする。
男性社員は計画期間中に1人以上取得すること。

対策
  • 平成27年4月〜男性の育児休業取得キャンペーンのため、制度説明のパンフレットをイントラネットで公開(継続項目)。
  • 平成27年5月〜男性が育児休業を取得し易くするため、管理職を対象とした労務管理研修時に制度の周知を依頼(継続項目)。

目標2

所定外労働時間の削減と短縮勤務制度の充実。
フレックスタイム制の導入により総労働時間を削減する。
併せて、短縮勤務制度との組み合わせで制度の自由度を広げる。

対策
  • 平成27年4月〜フレックスタイム制度導入に向けて必要用件の整理と準備開始(規定改定・各種協定・説明会)。
  • 平成27年5月〜制度導入に向けてトライアル導入開始(実施期間を3カ月とする)。
  • 平成27年8月〜制度導入に向けてトライアル結果の検証と導入準備。
  • 平成27年10月〜制度導入。
  • 平成28年3月〜制度レビューと改定。
  • 平成29年3月〜制度レビューと改定。
  • 平成29年3月〜制度レビュー。

富士ゼロックス大阪株式会社 女性活躍推進法に基づく行動計画及び情報公開

女性が能力発揮・キャリア形成できるよう、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成28年4月1日〜平成32年4月1日の4年間

2.当社の課題

  1. 女性社員の継続勤務とキャリア形成
  2. 女性社員が管理職を目指す企業風土
    • 管理職に対して女性活躍に対するマインド変革とマネジメント力強化が必要。
    • 女性社員に対する意識醸成が必要。

3.目標

平成32年4月1日で、管理職に占める女性割合を5%以上にする。

4.取組内容

(1)課題1.に対する取り組み

各種コミュニケーションミーティング開催で相互理解の促進
  • 平成28年4月〜販社横断での女性社員コニュニケーションミーティング開催。
女性社員と上司 面談によるコミュニケーション強化
  • 平成28年4月〜上司と部下の信頼関係強化に向け実施。
社長メッセージをイントラにて発信

(2)課題2.に対する取り組み

メンター制度導入
  • 平成28年4~9月〜統括部長と次世代女性リーダー社員にてメンタリング実施。
女性対象研修実施
  • 平成28年5月〜人材育成リスト作成。対象女性社員向けに販社横断で研修を実施。

女性の活躍の現状に関する情報公表

平成28年2月現在

  1. 管理職に占める女性労働者の割合:2.7%(2016年2月1日現在)
  2. 採用した労働者に占める女性労働者の割合:22.7%(2014年度実績)
  3. 男女の平均継続勤務年数の差異:10年(男性21年、女性11年)(2015年3月31日現在)
  4. 労働者の一月当たりの平均残業時間:18.9時間(2014年度実績)
  5. 年間有給休暇取得率:44.6%(2014年度実績)
  • 注記 対象従業員区分 正社員のみ

関連情報