参加無料/事前予約制

Production & Communication Seminar 2019 Autumn

テーマ:コミュニケーション

お申し込み

締め切り日時:11月22日(金)12:00

Promotion & Creation Seminar

プロダクション アンド コミュニケーション セミナー2019 秋
Production & Communication Seminar 2019 Autumn
テーマ:コミュニケーション

開催日 2019年11月27日(水)
時 間 9:30 -17:30
会 場 Document CORE Osaka (富士ゼロックス総合ショウルーム)
大阪市中央区本町3丁目5番7号 御堂筋本町ビル1F
(本町駅下車C階段3番出口上がってすぐ)
主 催 富士ゼロックス大阪株式会社
共 催 富士ゼロックス株式会社

セミナープログラム

セミナープログラム

  • 各セミナーは定員になり次第締め切りとさせていただきます。
  • セミナー内容・構成・講師及び展示内容は当日変更、もしくは中止になることもございますので、予めご了承下さい。
P1 10:00~12:00 (受付 9:30~)
定員80名
グラフィック制作初級中級者向け
お客様や受け取る方とのコミュニケーションを上げるための、印刷物作成講座
印刷物をデザインすることで大切なことは、受け 取る方とのコミュニケーションを考えなくてはな りません。このセミナーでは、受け取る方とのコ ミュニケーションを上げるために必要な、写真の 加工方法や、地図、ロゴの作成方法、またそれぞれ を統合してよりよい印刷物の作り方をお伝えさせ ていただきます。
IllustratorやPhotoshopを使われている方で、初級、中級の方向きです。
※1社3名様までとさせていただきます。
宮地 知 氏
<講師>
大阪DTPの勉強部屋 主宰
宮地 知 氏
<プロフィール>
みやじ さとる 1958年 生まれ。
1976年 印刷業界に就職。1992年 レイアウト・組版・DTPを業務とするWORK STATION えむ設立。
2009年から大阪DTPの勉強部屋主宰。http://www.osakadtp.com/
P2 13:00~14:00 (受付 12:30~)
定員50名
広告宣伝・販促企画にたずさわっている責任者の方向け
お客様の心に刺さる(伝わる)コミュニケーションデザインの考え方
情報が溢れ選択権が生活者へ移動した現代、生活者の手に取ってもらえる可能性を広げることができるメディアはどのように制作すれば良いのでしょうか?
「嗜好モデル」という研究成果の観点から生活者の心に刺さるコミュニケーションデザインの考 え方と、「全日本DM大賞」の受賞作品事例や産学協同で行われている実証実験(デジタル×アナロ グの有効性)に最新事例などもご紹介致します。
林 健一 氏
<講師>
富士ゼロックス株式会社 GCS第四営業部 ディレクター
林 健一 氏
<プロフィール>
1992年富士ゼロックス(株)入社。オフィスプロダクト営業、プリントマネジメントを行うグローバルサービス事業でのコンサルティング業務を経て、2007年より現職。ハイエンドなプロダクションプリンターの販売のみならず、富士ゼロックスの研究所が保有するコミュニケーション技術を応用し、クライアント企業の販売促進や印刷会社の営業支援など幅広くサポート。
P3 15:00~16:30 (受付 14:30~)
定員30名
広告宣伝・販促企画にたずさわっている方、責任者の方向け
プロの演出家に学ぶコミュニケーションデザイン
コミュニケーションの善し悪しは個人の能力だけで決まるのではなく、空間や人々の関係性など、様々な要素に影響される…これが「コミュニ ケーションデザイン」の考え方です。 演劇は古代から「人と人、人と状況の関係性」を描く媒体でした。演出家は劇中のコミュニケーションをデザインする役割であり、その視点は 現実のコミュニケーションにも応用できます。 本セミナーでは、演劇の手法を活用したワークショップを通じて、これからの企業に必要なコミュニケーションについて考えます。
林 健一 氏
<講師>
劇団衛星代表・演出家 大阪大学特任研究員
蓮 行 氏
<プロフィール>
劇団衛星代表・演出家/大阪大学特任研究員 1973年生まれ。京都大学経済学部卒。「小劇場演劇でしか絶対に表現できない舞台表現」を極めるべく1995年に劇団衛星を設立。全国的にも非常に珍しい「プロの小劇場演劇集団」を成立させる。上演活動と同時に、演劇の手法やコミュニケーションデザインの専門性を活かしたワークショップ事業を数多く手がけている。
P4 15:00~17:00 (受付 14:30~)
定員30名
広告宣伝・販促企画にたずさわっている方向け
紙とは違う、Web文章の書き方
~Webコミュニケーション力をUPして、より伝わるコンテンツへ~
「紙」と「Web」の文章の違いを意識したことはありますか?Web上の文章はその特性上、“読むこと”だけが目的ではない場合が多く、さらに閲覧環境が様々といった特徴があります。このような“Webならでは”の特性を理解し、それを活かした文章を書く知識が必要です。この知識を身につけることで、Webを活用する際のコミュニケーション力UPにつながります。1ランク上の Webコンテンツを作るポイントを学習してみませんか?
対象の方:
  • ・商品のコピーや説明文にいつも悩やまれている方
  • ・会社Webサイト用の文章を書かなければならない方
  • ・Web文章を書くときのコツを知りたい方
林 健一 氏
<講師>
503DESIGN 代表
森﨑 詩穂 氏
<プロフィール>
情報デザイン学科を卒業後、化粧品メーカーとデザイン会社の勤務を経て2013年からフリー ランスに。専門学校でWeb制作の非常勤講師としても勤務しつつ、子供たちにプログラミングを 教えたりデザイン系セミナーの運営等もしています。

展示ブース

展示ブース 9:30~17:30

《展示・デモコーナー》
  • 伝統文書複製「写本“Shahon”」(富士ゼロックス京都株式会社)
  • コミュニケーションバッヂ (株式会社ダイキ)
  • 出張にぎわいPark(株式会社アピックス)
  • IridesseTM 最新実践サンプル(富士ゼロックス株式会社:Iridesse市場開発センター)
  • バナナペーパー(株式会社フジテックス)
  • ハガメールシーラー( 株式会社フジテックス)
  • チームワークソリューション(スリーエムジャパン株式会社)
  • わたしのマチオモイ帖(わたしのマチオモイ帖制作委員会)
  • パッケージングデザイン(エスコグラフィックス株式会社)
  • Mac系ストレージ(株式会社グラフィックサポート)
  • クラウド型次世代 Web to Printシステム(株式会社オンデオマ)
  • 新フォント等展示(株式会社モリサワ)
  • ワークフロー改善「FreeFlow Core」(富士ゼロックス株式会社)
  • 販促サンプル展示

《ハードウェア》
  • Iridesse™ Production Press/Versant™ 3100Press/B9136Light Publisher/Versant™ 180 Press DocuColor 7171 P /DocuColor7171P (Model-ST) /DocuColor 1450 GA (Model-NE)

会場アクセス

Document CORE Osaka
ドキュメントコア大阪
(富士ゼロックス総合ショウルーム)

〒541-0053
大阪府大阪市中央区本町3-5-7 御堂筋本町ビル 1F

TEL:06-6263-2151

  • Osaka Metro 御堂筋線 本町駅 3番出口直結

大阪スマートワーカー

Click

開催イベント情報

Click

お役立ちダウンロード

Click