DocuWide® 6057 / 3037 特長

ソフトウェアとの連携でスピードと生産性が向上

ファイル名、日付、図番などの属性入力が手軽に 「DocuWorks 文書情報エントリー 2」

部分OCRにより、属性入力の手間を削減

スキャンした図面の名称、日付、図番など、マウスで指定した部分のOCRの処理結果を属性値に反映することができます。属性付与や用途別の分類保管時に入力の手間を削減し、図面の管理活用を支援します。

部分OCRにより、属性入力の手間を削減

フォルダー振り分け、ファイル名変換の自動化により、作業を効率化

設定した属性情報にもとづき、ファイル名変換やフォルダーを生成し、自動的に振り分け保存することができます。例えば、図面などの番号などをファイル名に付与できますので、入力・振り分け時のミスを軽減します。

フォルダー振り分け、ファイル名変換の自動化により、作業を効率化

文書種類に応じて入力項目を定義。人によるバラツキを防止し、検索作業を効率化

図面や見積書、注文書など、文書種類に応じて、入力すべき項目を事前に設定。項目を入力する時に自動で表示されます。保存された文書の検索を行う際は、文書種類を指定して定義された属性情報を用いて検索。検索結果をCSV出力することで台帳作成が可能です。これにより、人による入力内容のバラツキを防止し、業務標準化、作業の効率化が図れます。

文書種類に応じて入力項目を定義。人によるバラツキを防止し、検索作業を効率化

  • 注記別売ソフトウェア。DocuWorks 文書情報エントリー 2は、DocuWorks 9のオプションソフトウェアです。

図面や技術資料の出図や配付業務をスムーズに 「ArcEPS 統合出力管理システム」

ArcEPSは、図面や技術資料など、さまざまなフォーマットが混在する文書を一元的に受け付け、部数、サイズ、各種の加工など、配付先ごとに設定を変えて一括出力・配信できる統合出力管理システムです。ArcSuite Engineeringをはじめ、さまざまなシステムと連携し、効率的な出図・配付を実現。リードタイムの短縮やコストの低減、セキュリティーの強化に貢献します。

ArcEPS 統合出力管理システム

  • 注記別売ソフトウェア。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ