図面差分検出ボックス2 動作環境

複合機関連商品(特定業種向け拡張機能)「図面差分検出ボックス2」は販売を終了いたしました。今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願いいたします。

図面差分検出ボックス2の動作環境

項目 内容
クライアントPC OS Windows 10 (32ビット) 日本語版 [Service Pack なし]
Windows 10 (64ビット) 日本語版 [Service Pack なし]
Windows 8.1 (32ビット) 日本語版
Windows 8.1 (64ビット) 日本語版
Windows 7 (32ビット) 日本語版 [Service Pack 1]
Windows 7 (64ビット) 日本語版 [Service Pack 1]
Windows 10 (32ビット) 英語版 [Service Pack なし]
Windows 10 (64ビット) 英語版 [Service Pack なし]
Windows 8.1 (32ビット) 英語版
Windows 8.1 (64ビット) 英語版
Windows 7 (32ビット) 英語版 [Service Pack 1]
Windows 7 (64ビット) 英語版 [Service Pack 1]
Webブラウザー Internet Explorer 11注1
ソフトウェア 差分検出の結果ファイルの表示には、次のソフトウェアを推奨します。結果ファイルの文書フォーマットに合わせて、使用するソフトウェアをインストールしてください。
  • Adobe® Acrobat® Reader® DC
  • DocuWorks Viewer Light 9注2
  • DocuWorks Viewer Light 8
  • DocuWorks Viewer Light 7.3
  • TIFF Viewer 注3
管理メニューを使用するには以下のソフトウェアが必要。
  • JavaTM Runtime Environment Version 4~JavaTM Runtime Environment Version 8
メールサーバー 対応プロトコル SMTP

商標について

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ