EDI連携FAX送信ボックス 動作環境

複合機関連商品(特定業種向け拡張機能)「EDI連携FAX送信ボックス」は販売を終了いたしました。今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願いいたします。(掲載内容は2018年2月時点のものです。)

EDI連携FAX送信ボックスの動作環境

項目 内容
ACMS注1 ACMS E2X V3.8.0 / V3.9.0 / V3.9.1 / V4.0.0
ACMS B2B V3.8.0 / V3.9.0 / V3.9.1 / V4.0.0
ACMS B2B LE V3.8.0 / V3.9.0 / V3.9.1 / V4.0.0
発注伝票作成 ソフトウェア FAX送信ボックス専用 シーオーリポーツ帳票クリエータ for Java Ver.2 (株式会社エイチ・オー・エス)注2
ソフトウェアが動作するPC FAX送信ボックス用の帳票フォームを作成するには、動作PCに以下のフォントをダウンロードする必要があります。
IPA明朝、IPA P明朝、IPAゴシック、IPA Pゴシック注3
クライアントPC OS Windows 10 (32ビット) 日本語版 [Service Pack なし]
Windows 10 (64ビット) 日本語版 [Service Pack なし]
Windows 8.1 (32ビット) 日本語版
Windows 8.1 (64ビット) 日本語版
Windows 7 (32ビット) 日本語版 [Service Pack 1]
Windows 7 (64ビット) 日本語版 [Service Pack 1]
Webブラウザー Internet Explorer 11注4
ソフトウェア 管理メニューを使用するには以下のソフトウェアが必要です。
  • JavaTM Runtime Environment Version 4~JavaTM Runtime Environment Version 7

商標について

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ