IC Card Gate 2/IC Card Gate 3 特長

複合機やプリンターに新しい価値を付加する認証システム

ICカードならではの汎用性

すでに社員証や入館証に使用されているICカードにも柔軟に対応できるので、ユーザーは複数のカードを持つことから解放され、さまざまな場面での認証作業を1枚のカードで行うことができます。FeliCaをはじめ、MIFARE、eLWISE、ELWISE、HID Proxにも対応しています。

認証作業を1枚のカードで行うことができます

  • FeliCa(フェリカ)
    ソニー株式会社が開発した非接触型ICカード技術。日本国内の公共交通システムや電子マネーに広く採用されています。
  • MIFARE(マイフェア)
    フィリップス社(現NXPセミコンダクターズ社)が開発した非接触型ICカード技術。欧米を中心に世界で最も普及しています。
  • eLWISE(エルワイズ)
    NTTコミュニケーションズ株式会社の非接触型ICカード。住民基本台帳などに採用されています。
  • ELWISE(エルワイズ)
    NTT研究所が開発したICカード技術。この技術を利用したカード向けのカードシリアルIDはNTTカードソリューション株式会社が発行しています。
  • HID Prox(エッチアイディープロックス)
    HID Global社が開発した非接触型ICカード。入退室管理システムの分野で世界的に広く普及しています。
  • 注記IC Card Gate 2 for FeliCaはFeliCaのみに対応。
  • 注記IC Card Gate 3 for HID ProxはHID Proxのみに対応。

セキュアなプリンティング環境を実現

IDやパスワードを入力する手間がなく、ICカードをリーダーにかざすだけのスピード認証。これを行わないかぎりドキュメントは出力されることがないので、出力文書の取り忘れ、取り間違えなどを防止することができます。

セキュアなプリンティング環境を実現

TCO削減にも大きく貢献

「IC Card Gate 2 / IC Card Gate 3」なら機器管理体制とセキュリティー環境を同時に構築することが可能です。また、認証ユーザーのコピー、プリントなどの使用履歴を複合機本体に蓄積し、ユーザー単位のジョブを正確に把握。たとえば個人ごとに使用できる機能などの制限をしたり、プリンターの利用状況などを一元的に管理できる注1 ので、コスト削減に大きく貢献します。

  • 注1別売の出力管理ソフト「ApeosWare Management Suite 2」のジョブログの管理機能が必要です。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ