ホーム > 商品情報 > 複合機関連商品 > ICカード・ラベル発行システム(アイシーカード・ラベルハッコウシステム) > 特長

ICカード・ラベル発行システム 特長

ICカード・ラベル発行システムとは

低コスト&スピーディーに、ICカード作成

紙やフィルムをベースにつくられたICカード・ラベルに、当社複合機で券面を印刷。必要なとき、必要な員数分のICカードを、素早く、簡単に、オンデマンドでセキュアにつくれます。
プラスチックカードより低コストで、複合機の認証、社員証や学生証、入退出管理、勤怠/出欠管理、さらに、期間従業員、非常勤講師や臨時職員向けのカードなど、小ロット即時発行のニーズにも的確に応えます。

ICカードの導入は、お済みですか?

ICカードは、複合機の認証、勤怠管理、入退室管理、パソコンのログイン認証など、いろいろなシーンで使われていますが、導入には、大きなハードルがあります。

外注すると ‐多くの懸念事項が発生‐

  • 複合機認証だけで使いたいが、費用が高い
  • 小ロットだと費用が高い上に納期がかかる
  • デザインの打ち合わせなど手間がかかる上に変更が難しい
  • 社員証を作る場合など個人情報を渡す必要がありセキュリティーが心配である

外注すると、多くの懸念事項が発生

「ICカード・ラベル発行システム」を利用すると ‐懸念事項を解消‐

大きなハードルをクリアして、ICカードを導入できます。

  • 複合機認証カードは、専用用紙を購入するだけで安価に作成できる <安く>
  • 急に追加のICカードが必要になった場合、手元で即日作成できる <早く>
  • デザインは、無償のソフトウェアで手軽に作成でき、変更も自由にできる <簡単に>
  • 社員証を作る場合など、内作する為、個人情報は外部に出す必要がない <セキュアに>

「ICカード・ラベル発行システム」を利用すると、懸念事項を解消

ICカード作成の簡単3ステップ

  1. デザイン作成
  2. プリント
  3. 登録・エンコード

ICカード作成の簡単3ステップ

PC上でデザイン、複合機でプリント

専用ソフトウェアで、簡単にカード券面をデザイン

ICカード・ラベル発行システム専用の「券面作成ソフトウェア」により、PC上で顔写真、会社のロゴタイプなどを入れて簡単にデザインできます。縦型/横型いずれのカードも作成できます。

専用ソフトウェアで、簡単にカード券面をデザイン

当社の複合機で券面をプリント

富士ゼロックスの複合機で券面がプリントできます。専用カードプリンターは必要なく、メンテナンスも不要なので、手間がかかりません。

専用用紙は、国際規格注1 に準拠したMIFARE注2 を採用

MIFARE Classic 1Kが埋め込まれたICカード・ラベルを使用。表面と裏面を貼り合わせる2つ折りフィルムタイプと、片面印刷してプラスチックカードなどに貼り付ける紙ラベルタイプがあります。

  • 注1非接触型ICカードの国際通信規格ISO/IEC14443 TypeA
  • 注2MIFAREは、NXPセミコンダクターズ社の登録商標です。

目的に応じたICカードを柔軟に作成

複合機の認証カードを簡単作成

MIFARE注1 には、あらかじめIDが振られており、それを使えば、ICチップに情報を書き込むことなくプリントするだけで、複合機の認証カードを作成できます。

社員証としても対応

チップに個人情報を加えれば、よりセキュアなカードが作成できます。社員証・入退室・勤怠システムなどにも使用可能です。

エンコードソフトウェア

券面に印刷した情報に紐づけられたID情報を、ICチップに書き込むソフトウェアです。

デンソーウェーブ社製 QK30-IC(N)

券面にプリントしたバーコードを読み取り、ICチップにエンコードします。カードを装置にかざすだけで簡単に情報の書き込みが完了します。

デンソーウェーブ社製 QK30-IC(N)

  • 注記専用用紙ご購入のお客様は、無償で券面作成ソフトウェアをダウンロードできます。
  • 注1MIFAREは、NXPセミコンダクターズ社の登録商標です。

ICカード利用シーン

  • 複合機の認証
  • 社員証
  • 勤怠・出欠管理
  • 入退出管理
  • PCのログイン認証
  • セキュリティーキャビネットの開閉

ICカード利用シーン。「複合機の認証」「社員証」「勤怠・出欠管理」「入退出管理」「PCのログイン認証」「セキュリティーキャビネットの開閉」

他社のライセンスについて

他社のライセンスについては下記のPDFをご覧ください。

「他社のライセンスについて」[PDF形式/ 794 KB]を開く

PDF文書をご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要になります。

Adobe® Reader® ダウンロードページ

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

他社の商標について

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ