ApeosPort®-VII C7788 / C6688 / C5588 特長:オフィスのセンターマシン

オフィスのセンターマシン

優れた耐久性で、高画質を維持しながら大量プリントを実現。
さらに快適捜査や高速スキャンにより、プリント作業の効率化を支援します。

信頼性の高い設計と安定した走行性

従来機で実績のある技術(プリントエンジン、画像書き込み部、出力装置)を踏襲し、高速連続出力を可能にします。本体は強度の高いフレームを採用して剛性を高めました。また、内部に空間を作ることで温度の上昇を抑えています。用紙搬送では、用紙を水平に走行させるため、厚紙でも安定して供給できます。さらに、簡易的なデカーラーを内蔵し、安定走行の妨げとなる普通紙のカールを補正します。

連続大量出力をサポート

プリントを止めることなく、トナーカートリッジ交換や用紙補給ができます。また、大容量のトナーカートリッジと給紙トレイの採用により、トナーと用紙の交換頻度を低減します。

  • 注1 当社P紙。大容量給紙トレイ(1段)装着時。
  • 注2 当社P紙。大容量トレイC1-DS装着時。
  • 注3 A4サイズで各色像密度5%原稿使用時の参考値です。実際のプリント可能枚数は使用方法、原稿の種類やプリント濃淡度によって異なるので、あくまで目安です。

高画質プリント

実績ある技術を結集し、美しく高品位なプリントを実現しました。光沢モードによってコピーでもプリントでも写真を光沢感ある美しい仕上がりにできます。

  • ・2400 dpiの高精細印字 VCSEL注1
  • ・小粒径約5.8 μm EA-ECOトナー
  • ・高精度レジストレーション IReCT 注2
  • 注1 Vertical Cavity Surface Emitting Laser
  • 注2 Image Registration Control Technology

簡単調整でプリント品質を維持

SIQA(Simple Image Quality Adjustment)により、お客様自身でプリント品質の各種調整が可能です。カスタマーエンジニアに頼る必要がないので、プリンターのダウンタイムの削減、稼働率の向上につながります。

  • ・アライメント補正

    両面プリント時の表裏の画像ズレを補正。断ち落としトンボを用いて断裁する場合などに品質を高めます。

  • ・面内ムラ調整

    用紙面内の濃度ムラを調整。ベタ塗りや面付けジョブなどに効果を発揮します。

  • ・転写出力調整

    厚紙やコート紙など、用紙の特性に応じて適切に転写電圧を自動設定します。

大量原稿も高速スキャン

両面原稿の表裏を一度のスキャンで読み取る自動両面原稿送り装置を搭載し、270ページ/分注1の高速読み取りを実現。読み取り原稿は最大250枚まで積載できます。

  • 注1 パス両面読み取り時。当社標準原稿A4ヨコ、200 dpi、親展ボックスまで。

非定形サイズもスムーズにスキャン

自動両面原稿送り装置でスキャンする際、非定形サイズや小サイズ原稿を最も近い定形サイズに自動的に収めてスキャンできます。領収書や納品書なども、いちいち原稿サイズを手入力することなく、まとめてすばやく読み取ります。

原稿の重送を検知

自動両面原稿送り装置に重送検知機能を搭載。用紙の種類や地色による影響を受けにくい超音波センサーが、原稿が重なっていないことを検知します。複数原稿をコピーやスキャンしたときの読み込みミスを未然に防ぎます。

排紙オプション

充実した後処理機能で、オフィスの多彩な出力に対応します。

  • 注1フィニッシャーC3 65枚ステープルユニット2を装着すると最大65枚まで可能です。
  • 注2Z折り混在時は枚数が減ります。
  • 注3フィニッシャーC3 パンチユニット2/4穴またはフィニッシャーC3 パンチユニット2/3穴(US規格)が必要です。
    フィニッシャーC3(2/4穴)/中とじフィニッシャーC3(2/4穴)には、2/4穴パンチユニットが標準搭載されています。
  • 注4フィニッシャーD パンチユニット2/4穴またはフィニッシャーD パンチユニット2/3穴(US規格)が必要です。
  • 注510ビン出力装置が必要です。
  • 注6紙折りユニットCD1が必要です。
  • 注7紙折りユニットCD2が必要です。

srcSet soutionPropose