サーバーレス認証連携 特長

サーバーレス認証連携とは

「サーバーレス認証連携」は、サーバーレス環境でユーザー認証情報を複数の複合機間で共有でき、連携するどの複合機からでも、ICカードの登録や認証操作ができる、複合機にインストールして利用する有償アプリケーションです。(カストマーエンジニアによるインストール作業が必要です。)

サーバーレス認証連携の特長

ICカード登録機能を利用し、複合機に登録されたユーザー認証情報とICカードのID情報の関連付け登録を行うと、親機に設定された複合機から連携する複合機全体に対して、情報が共有されます。一旦情報が共有されると、連携するどの複合機でも認証操作により利用することができます。複合機の連携のため専用のサーバーを立てる必要がないため、コストを低減できます。

サーバーレス認証連携の特長

Active Directoryサーバーとの連携

お客様のActive Directoryサーバーのユーザー情報とも連携可能です。注1

  • 注記共有する各複合機にオプションの「サーバーレス認証連携キット」または、「サーバーレス認証連携キット(本体認証版)」が必要です。共有する複合機の中に1台でもIC Card Gateが接続されている場合は、全ての複合機に対して本体認証版をご利用下さい。
  • 注1Active Directory連携は、ApeosPort機のみ対応。

他社のライセンスについて

他社のライセンスについては下記のPDFをご覧ください。

「他社のライセンスについて」[PDF形式/ 149 KB]を開く

PDF文書をご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要になります。

Adobe® Reader® ダウンロードページ

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ