DocuCentre-V C7775 / C6675 / C5575 / C4475 / C3375 / C2275 特長

Management

効率的な運用、セキュリティーに配慮した充実の管理機能。

認証

ICカードによる認証機能を付加。セキュリティー強化と利便性向上を実現します。

認証で、さらにセキュアに、便利に

認証機能を運用することにより複合機の使用を許されていないユーザーの操作や不正なアクセスを抑止。ジョブ履歴からユーザーごとの利用実績の集計も可能です。また、複合機に本体内蔵型ICカードリーダー注1 を追加することでICカード認証を実現します。機器の利用制限のほか、さまざまな機能と連動。セキュリティーの強化と利便性の向上を両立します。

認証で、さらにセキュアに、便利に

利用制限・管理設定の例

  • 注記本体内蔵型 ICカードリーダーのほか、ウイングテーブル内蔵タイプのICカードリーダー、外付けタイプのIC Card Gate 2/IC Card Gate 3も取り付け可能です。
  • 注1取り付けにはUSB増設キットが必要。本体内蔵型ICカードリーダー取り付け時には、ワンタッチボタンはご使用いただけません。

集計

複合機単体でレポートを出力。ソフトウェアを活用すれば履歴の集計、分析も可能です。

活用状況を“見える化”

「Nアップや両面での出力」「スキャナーやダイレクトファクスの活用」「プライベートプリントやペーパーレスファクスにより出力されずに削除されたページ数」「稼働やスリープモードの累積時間」・・・など、環境面からも複合機の活用状況を「機能別カウンターレポート」で確認できます。

サーバーレスでも集計が可能

ApeosWare Log Management Serverless Editionがあれば、サーバー環境がなくてもコピーやプリントのジョブの履歴収集や集計、分析が可能です。

運用

機器管理の手間を軽減し、効率的な運用をサポートします。

Webブラウザーを介して複合機を確認

CentreWare Internet Servicesにより、Webブラウザーを使用して、本体の確認やジョブの状態を表示させることができます。
  • 登録設定
    お客様の使用環境に合わせた仕様設定の変更や、ユーザー情報、親展ボックスなどの登録がPCから可能になります。
  • 監査ログ
    電源ON/OFF、認証ログ、ジョブログ、宛先表の登録を確認可能。認証モードと組み合わせて時間外の利用も管理できます。
  • 設定情報の複製
    複合機に設定した設定情報を複製して、別の複合機に取り込めます。

Device Setup(デバイス設定ツール)注1

宛先表、ユーザー情報、親展ボックスなどの設定情報をMicrosoft® Excel® シートで作成し、PCから複数の複合機に一括して設定できます。また、複合機のジョブ履歴を収集し、使用状況の簡易的なグラフを作成することも可能です。

  • 注1ApeosWare Management Suiteの無償ツールです。

複合機の稼働状況をモニタリング。導入後の効果的活用方法や適正な配置を提案します

機器の安定稼働をサポート

EP-BBは、ブロードバンドネットワークの活用により複合機導入後の管理業務を支援するサービスです。万一の故障や消耗品切れに迅速に対応するとともに、ご希望に応じて機器ごとの稼働状況をご報告。効果的な活用を支援します。さらに、お客様の出力環境の再構築も行います。複合機だけでなく、プリンターやファクスなどの台数、使用量を調査し、出力環境を“見える化”。そのうえで、1台あたりの共有人数、使用量を意識した機器の配置や活用方法を提案します。また、適正な出力環境を維持発展させるために、継続的にモニタリングを実施し、お客様の改善活動を支援します。

機器の安定稼働をサポート

  • 注記当サービスの開始には、お客様のお申し込みが必要です。なお、一部の地域、ご契約形態により、当サービスがご利用できない場合があります。詳しくは当社営業にお問い合わせください。
  • 注記ブロードバンドなど、ネットワークに関する回線費用はお客様負担です。

サーバーおよびソフトウェアとの連携で、より高度な機器管理が可能
複合機を5台以上導入するオフィスに、特におすすめです

ApeosWare Management Suite

ApeosWare Management Suiteは、出力機器に関する管理・運用をセキュアかつスムーズに実現する統合ソフトウェアです。5つの機能(機器管理・ユーザー管理・ログ管理・プリント管理・文書配信)を一つのサーバーに“オールインワン”。増えてしまった出力機器を、賢く効果的に管理・運用できます。

  • 注記別売ソフトウェア。

5つの機能

[機器管理]
ApeosWare Device Managementで管理負担を軽減

プリンタードライバーをサーバー経由でまとめて配布。機器の設定もネットワークを介して1台のPCから効率的に行えます。

プリンタードライバーをサーバー経由でまとめて配布

  • 無償版を用意
    いまApeosWare Device Management(Standard Edition)の無償版を提供しています。まずは「管理の手間」の削減から始めてみませんか?
    ApeosWare Device Management Standard Edition

[ユーザー管理]
ApeosWare Authentication Managementでセキュリティーを強化

個人や部署、役職単位で機器の利用を制限できます。セキュリティーの強化に効果を発揮します。

[ログ管理]
ApeosWare Log ManagementでTCOを削減

ユーザーや部門ごとに、機器の利用状況のほか、Nアップ、両面といった出力状況の集計も可能。「現状把握」が可能になります。

[プリント管理]
ApeosWare Print Managementで生産性を向上

空いている機器から出力可能。より生産性を高める代替・分散プリントもでき、機器の稼働効率を上げ「台数削減」にも貢献します。

空いている機器から出力可能

[文書配信]
ApeosWare Flow Managementで自動化処理を推進

ファクス受信やスキャン、フォルダーへのコピーといった操作だけで、その後の加工や配信処理を自動化。手間や時間を削減できます。

手間や時間を削減できます

BMLinkS® 管理系仕様に対応

BMLinkS® の管理系仕様に準拠し、設定管理、集計情報を収集することができます。これによりBMLinkS® 対応機器によるマルチベンダー環境での一元管理を可能とします。

BMLinkS(R)

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について

  • 注記DocuCentre-V C7775 PFS-PC、DocuCentre-V C6675 PFS-PC、DocuCentre-V C4475 P、DocuCentre-V C3375 P、DocuCentre-V C3375 PFS-PC、DocuCentre-V C2275 P、DocuCentre-V C2275 PFS、DocuCentre-V C2275 PFS-PCは販売を終了しました。