DocuCentre-V C7775 / C6675 / C5575 / C4475 / C3375 / C2275 特長

Print

復帰時間の短さに加え、優れたエンジン性能で、業務の迅速化に貢献します。

さまざまなページ記述言語に対応

当社が独自開発したART EXのほか、複数のページ記述言語に対応しています。

Adobe(R) PostScript(R) 3(TM)

BMLinkS(R)

  • 注記ページ記述言語によりオプションのAdobe® PostScript® 3TMキットが必要になります。

機種共通ドライバーを提供

複数の複合機やプリンターの出力をこれ一つで対応できるMulti-model Print Driver 2を提供。複数の機種を運用している環境では出力検証にかかる工数を大幅に削減可能。また、機種を代替するたびに入れ替える必要もなく、同じドライバーを継続的に使うことができます。

プリンタードライバーもユニバーサル対応

文書内の赤文字部分に下線や網掛けを自動的に施すことで、内容を強調したり、色弱の方にもわかりやすい文書を作れるようになります。白黒出力時でも作成者の意図を伝えやすくなり、カラー出力費の低減にも役立ちます。

プリンタードライバーもユニバーサル対応

  • 注記OSから描画指示された赤文字を処理します。グラフィックスやビットマップは処理しません。
  • 注記ART EXドライバーのみ対応。

ドライバーを介さずスムーズに出力

  • ContentsBridge Utility注1
    ファイル注2 をデスクトップ上のアイコンにドラッグ&ドロップするだけでプリントできます。
  • CentreWare Internet Services
    Webブラウザーを介してファイル注3 を直接出力することもできます。
  • USBから文書や画像を直接出力注4
    USBメモリーに保存した文書注5 やデジタルカメラの画像を直接出力できます。
  • 注1最新の対応OSについては、ダウンロードページをご覧ください。
  • 注2DocuWorks文書、PDF、XPS(XML Paper Specification)、TIFF、JPEG。Microsoft Office 2007、Microsoft Office 2010をご利用の場合、Microsoft Word、Microsoft Excel、Microsoft PowerPoint を印刷できます。
  • 注3DocuWorks文書、PDF、XPS(XML Paper Specification)、TIFF、JPEG。
  • 注4オプション。USBメモリーキットが必要。
  • 注5DocuWorks文書、PDF、XPS(XML Paper Specification)、TIFF、JPEG(JFIF)。

エコプリント状況を見える化

プリント時のエコ度合いにより、リーフ(葉っぱ)を5段階に表示します。ドキュメントモニター注1 の画面上に表示されるリーフの数によって、どれくらいエコロジーを意識してプリントできたかを確認できます。

エコプリント状況を見える化

  • 注1ドキュメントモニターはパソコンにインストールしていただくソフトウェアです。本体同梱のドライバーCDキットに収録されています。

Macからの出力にも対応

Mac OS Xに対応したプリンタードライバーを提供。Macからオフィス文書を出力できます。

  • 注記画質調整などの機能制限があります。プリント機能を十分に利用する場合は、Adobe® PostScript® 3TMキットが必要。
  • 注記EtherTalkを利用する場合は、Adobe® PostScript® 3TMキットを追加してください。

ThinPrint .print® に対応

ThinClient環境でのサーバーで印刷データを圧縮し、大量印刷時においても帯域幅制御を行うことでスピーディーな印刷を実現します。ThinPrint .print® で圧縮されたデータを解凍するモジュールを複合機本体に内蔵しました。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について

  • 注記DocuCentre-V C7775 PFS-PC、DocuCentre-V C6675 PFS-PC、DocuCentre-V C4475 P、DocuCentre-V C3375 P、DocuCentre-V C3375 PFS-PC、DocuCentre-V C2275 P、DocuCentre-V C2275 PFS、DocuCentre-V C2275 PFS-PCは販売を終了しました。