ホーム > 商品情報 > カラー複合機 > DocuCentre-V C7776/C6676/C5576/C4476/C3376/C2276(ドキュセンター ファイブ シー7776/シー6676/シー5576/シー4476/シー3376/シー2276) > 特長

DocuCentre-V C7776/C6676/C5576/C4476/C3376/C2276 特長

先進の機能を、シンプルな操作で

業界で初めてカメラによる「体感待ち時間ゼロ」を実現

スリープモードから自動復帰までの機能が進化。“体感待ち時間ゼロ”でストレスを感じさせません。

ユーザーを検知し、スリープ状態から自動的に復帰する機能をさらに進化させました。複合機に備わった2つの「目」が、ユーザーの「姿」と「顔」を検知・認識して各種の操作へとスムーズに、ストレスなく導きます。

スリープモードから自動復帰までの機能が進化、カメラによる「体感待ち時間ゼロ」を実現

Smart WelcomEyes Advance 2 注1

従来の「Smart WelcomEyes Advance」よりも検知の精度が高まり、利便性が向上しました。

  • 「顔認識カメラ」に新たにHDRカメラを搭載し、ユーザーの「顔検知精度」が向上
  • 顔認識時、顔登録時における操作改善により使いやすさが向上
  • 「人検知カメラ」の検知領域範囲を拡大。フィニッシャー接続時に複合機の前で滞在作業するユーザーへの配慮

Smart WelcomEyes Advance 2の焦電センサー、人検知カメラ、顔認識カメラ

  1. 焦電センサー
    • 遠赤外線を利用した焦電センサーが熱変化をとらえ、人が複合機に近づいていることを検知。
    • スリープしている「人検知カメラ」へ起動指示。
  2. 人検知カメラ
    • つま先の向きなどを検証し、複合機を利用するユーザーかどうかを判定。
    • スリープしていた「顔認識カメラ」と「操作パネル」へ起動指示。
  3. 顔認識カメラ
    • 複合機の前に立ったユーザーの顔を認識・識別注2 し、ユーザーごとのメニュー画面注3 を呼び出し。
    • すぐに操作可能の状態。

高信頼の画像認識プロセッサーを採用

人検知カメラおよび顔認識カメラの技術には、車載カメラでも実績のある画像認識プロセッサーを採用。低電力で高速な画像認識処理を実現します。

  • 注1オプション。
  • 注2本体認証モードでの運用が必要です。外部認証やICカードとの併用はできません。
  • 注3ユーザーごとのメニューを利用するには、「カスタムUIパッケージ3」が必要です。詳細はカスタムUIパッケージ3の商品情報ページをご覧ください。

スキャン操作をより簡単に

スキャンをよく失敗する。設定が多く、難しい。定型業務なのに都度手作業で設定するのは面倒など、スキャンの使いにくさを改善し自動的に処理できるアプリケーションを用意しました。

個人利用のスキャンがより簡単に

「スキャンオート注1 」を使えば、原稿の向きや片面/両面などを意識する必要はありません。また、スキャンデータの送付先入力も送信履歴から選択できるほか、認証時にはユーザーのメールアドレスが自動入力されるなど便利です。

スキャンオート画面

業務ごとのスキャンとファイル保存を簡単に

「業務別らくらくスキャン注2 」は文書の種類を選択するだけで、あらかじめ設定されたルール通りにファイル名をつけ、所定の保存先に直接スキャン文書を格納します。PCで取り出し格納する必要がなくなり、定型的なスキャン業務の作業効率の改善が図れます。

業務別らくらくスキャン画面

  • 注1「スキャンオート」は複合機にプレインストールしています。ご利用には設定が必要です。詳細はスキャンオートの商品情報ページをご覧ください。
  • 注2オプション。詳細は業務別らくらくスキャンの商品情報ページをご覧ください。

より簡単に、よりムダなく

無償のオプションソフトウェア「かんたんUIパッケージ2」を用意しました。一人ひとりのユーザーにシンプルで使いやすい操作画面を提供し、作業時間を短縮します。

「かんたんコピー」は、まとめて1枚や両面、ステープルなど、仕上がりイメージを確認しながらコピーの設定ができます。認証時には個人ごとに、よく使う設定を保存可能。操作がよりすばやくなります。

かんたんコピー画面

ユーザーごとに、そのユーザーがよく使う機能ボタンだけをメニュー画面に配置できます。認証にともない自分専用の画面が起動するので、スムーズに作業に取りかかれます。

個人メニュー画面

よく使う設定を、ワンタッチアプリとして登録することで、「かんたんメニュー画面」からコピーやスキャンを1ステップで開始できます。ボタンの名前やアイコンを変更することもできます。

ワンタッチアプリ

  • 注記「かんたんUIパッケージ2」は「カスタムUIパッケージ3」になりました。「カスタムUIパッケージ3」については、カスタムUIパッケージ3の商品情報ページをご覧ください。

ユーザーの「顔」を見分け、操作画面を表示

「顔認識カメラ」が複合機の前に立ったユーザーの顔を認識し、そのユーザーにとって自分専用の操作画面をすぐに表示します。注1 ユーザーはICカードを使うこともなく、「体感待ち時間ゼロ」でスムーズに各種の作業に取りかかることができます。

顔認識カメラ

  • 注1本体認証モードでの運用が必要です(顔認識は最大100名まで)。

登録ユーザー情報を基に認証管理

DocuCentreは、本体認証の設定により、複合機に登録したユーザー情報を使用して認証管理が行えます。ジョブ履歴からユーザーごとの利用実績の集計も可能。また、複合機にICカードリーダー注1 を追加することでICカードによる認証も実現します。機器の利用制限のほか、さまざまな機能と連動。セキュリティーの強化と利便性の向上を両立します。

内蔵型ICカードリーダー

内蔵型ICカードリーダー

外付け型ICカードリーダー

  1. IC Card Gate 3
  2. IC Card Gate 3 for HID Prox
  3. IC Card Gate 2 for FeliCa

外付け型ICカードリーダー

  • 注1オプション。外付け型と本体内蔵型を用意しています。Smart WelcomEyes Advance 2との併用はできません。

どの複合機からでも認証可能

ユーザー情報を複合機本体に登録し、同一グループ内の複数の複合機 (最大50台)で共有することにより、どの複合機からでも認証操作が可能 となる「サーバーレス認証連携注1 」が実現できます。

どの複合機からでも認証可能

どの複合機からでも出力可能

出力先に選んだ複合機がたまたま使用中でも、他の複合機から認証して出力できる「どこでもプライベートプリント注1 」が可能です。最大50台まで連携できます。また、認証なしでも利用できる「ID選択プリント注1 」にも対応。なお、A4複合機とA3複合機の併用時、A3サイズのジョブをA4複合機で出力する場合は、自動的に縮小します。

どの複合機からでも出力可能

ペーパーレスファクスでタイムリーに情報活用

受信

ファクス受信文書をダイヤル番号やG3-IDごとに親展ボックスに振り分け。サムネールやプレビューで確認後、必要な文書だけ出力できます。親展ボックスへの受信を機に、ファクス転送やプリント、メール送信、パソコンへの転送も可能。

ペーパーレスファクスでタイムリーに情報活用

送信

パソコンから直接送信できるダイレクトファクスに対応します。ジョブ終了時のメール通知に、送信原稿をPDFで添付することもできます。

着信拒否

受けたくない相手や非通知設定のファクスを拒否できます。

複合機を5台以上管理するオフィスにおすすめ

「ApeosWare Management Suite 2注1 」を活用すれば、プリンタードライバーの配布、機器の利用制限、出力状況の集計、稼働効率の向上、配信処理の自動化、ジョブログの管理など、出力機器の管理・運用をセキュアかつスムーズに実現します。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

他社の商標について

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ