複合機活用術:スキャン機能を上手に活用すれば、オフィスワークはさらに快適!

case study5 ドキュメントの種類や用途に合わせて、スキャン機能を活用していますか? 複合機活用術 トップ

ドキュメントに合わせたスキャン機能をもっと効率的に活用してみませんか?

電子化して閲覧・保管したい 部分的に写真を利用したい どのファイル形式を選べばいいか分からない・・・
悩み1
用途ごとに、どのファイル形式を選べばいいかよくわからないし、スキャンデータもできるだけ軽くしたい…。

電子化して保管したり、写真画像だけ部分的に活用したり、送付するのにできるだけデータを軽くしたり、用途に応じて効率的にスキャンするにはどうすればいいの?

電子化して誰でも見られてしまうのは困る
悩み2
電子化すると文書のセキュリティーが心配...。

重要文書や機密文書を電子化すると、誰にでも見られてしまいそうで、セキュリティー面でちょっと心配…。

その悩み解決します。
ドキュメントの種類や用途に応じてスキャン機能を活用するポイント
注記:
ApeosPort-VI C7771 / C6671 / C5571 / C4471 / C3371 / C2271シリーズの例です
point1 多彩なフォーマット 多彩なフォーマットで、画像データからオフィスの共有文書まで幅広く対応。

注記:
XPS:XML Paper Specificationの略

多彩なフォーマットに対応、画像データの取り込みや他システムでの利用も可能で、文書の閲覧・共有化に最適です。


point2 データ容量の軽減 カラーデータの容量を軽減して、快適運用!

ドキュメントの種類や用途に応じてファイル容量を軽くすることで、ネットワークへの負荷を軽減。複数ページのカラー文書のやり取りがE-mail送信などで快適に行えます。


point3 OCR処理で検索 スキャン文書の検索性を向上し、活用を促進。

スキャンと同時にOCR処理することで、テキストの再利用や全文検索(文中の内容での検索)を可能にします。必要なデータがすぐに探せるので、業務効率の向上に役立ちます。


point4  Microsoft® Excel®、Microsoft® Wordに変換 紙文書も編集可能な電子データへ

スキャンデータは、Microsoft® Word文書やMicrosoft® Excel®文書形式のフォーマットに変換可能。
表やイラストも再現します。


point5 パスワードよるセキュリティー対策 パスワードで安心!重要文書のセキュリティー対策。

スキャン時にパスワードによる権限の設定などが可能なので、万が一、誤送信してしまった場合でも安心です。

さらに・・・
「DocuWorks」なら、紙文書と電子文書の一元管理も、らくらく!

機能性に優れたDocuWorksなら、紙文書と電子文書を一元管理。
使いやすいインターフェイスで、電子文書の活用を促進します。

スキャン文書を自動処理、ドキュメントの共有・活用をさらに効率的に!

スキャン後の面倒な処理を軽減する、多彩な機能。

  • スキャンと同時に保存・配信・後処理を一括処理できる「プッシュスキャン機能」
  • 保存文書を、簡単操作で閲覧・活用できる「親展ボックススキャン機能」
  • データハンドリングを用意にする「多彩なファイルフォーマット」
関連機能・関連ソリューション
複合機活用術 トップ

商品に関するお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ