複合機活用術:TCO削減&セキュリティーを実現する、マネジメント機能の力

case study6 複合機の利用状況、しっかり把握できていますか? 複合機活用術 トップ

複合機の出力管理、大丈夫ですか?

出力が増えているようだけど、減らすにもどこから手をつければいいかわからないな 2アップや両面プリント、みんなちゃんと使っている?
悩み1
複合機の利用状況を把握して、出力管理するには、どうすればいいのか…。

誰がいつ・どのように使ってるのか、わからない…。出力が増えているけど、どうやって管理すればいい?

複合機部門で複合機を共有しているけど、カラー出力は営業部門だけにしたい ファクスは決まった人にしか使わせたくないんだよな
悩み2
部門やユーザーごとに利用ルールを適用するには、どうすればいい?

共有の複合機。でも、しっかりした利用ルールを決めて、出力管理をしたい。

その悩み解決します。
機器の利用状況を把握し、効果的にTCO削減を実現するポイント
注記:
ApeosPort-VI C7771 / C6671 / C5571 / C4471 / C3371 / C2271シリーズの例です
point1 機能別カウンターリポート 機能別カウンターレポートで、機器の利用状況をしっかり把握。

機能別カウンターレポートを出力すれば、コピー、プリントのモノクロ・カラー別の利用カウンターの確認、両面印刷などの出力状況が把握でき、TCO削減に向けた改善策の立案等に役立ちます。


point2 複合機の利用制限 カラープリントや出力枚数の機能別利用制限で、TCO削減。

ユーザーやグループごとにコピー、スキャン、プリント、ファクスといった機能別の利用制限が可能です。また上限枚数制限により、適切な制限枚数を設定することで、コスト削減に貢献します。


point3 ICカード認証 ICカード認証で、利用者&管理者の利便性を向上。

社員証と兼ねたICカード認証なら、カードをかざすだけの簡単認証で追加カードも不要。ActiveDirectoryなどの外部認証サーバーに登録されたユーザー情報の参照も可能です。

さらに・・・

TCO削減に向けて出力状況を可視化。

ApeosWare Management Suiteによるログ管理では、複合機やプリンターのジョブログデータを定期的に収集・蓄積。ログデータは利用者、部門、機種別などの単位で集計し、Webブラウザーで容易に確認できます。集計データはグラフや表でわかりやすく表示、CSV形式での出力にも対応するため、効率的で簡便な管理を実現します。

効率的な運用、セキュリティーを実現する、充実の管理機能

ユーザー管理でTCO削減・セキュリティー強化

  • 企業のセキュリティーレベルに応じた「認証管理」
  • 機能別に稼働状況を集計、管理する「集計管理」
  • 効率的な運用をサポートする「運用管理」
関連機能・関連ソリューション
複合機活用術 トップ

商品に関するお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ