DocuCentre-V 7080 N / 6080 N / 5080 N 特長

利便性

どの複合機からでも出力可能

出力先に選んだ複合機が使用中の場合にも、他の複合機から自分のジョブを選んで出力可能。専用のサーバーを立てることなく、ネットワーク上の特定の複合機だけに出力が集中することを避けることができます。機器の稼動を適正化することで、台数削減にもつながります。

どの複合機からでも出力可能

  • 注記オプション。

さまざまなスキャン機能

便利なスキャン機能が利用できます。

さまざまなスキャン機能

  • 注記「USBメモリー保存」はオプション。
  • 注記「ジョブフロー」はApeosPortのみ。

多彩なファイル形式・処理に対応

スキャンデータをメール送信したりパソコン保存する際に、TIFF、JPEG、DocuWorks文書、PDF、XPS注1 に変換できます。また、検索に便利なOCR処理注2 や通信負荷軽減に役立つ容量圧縮、パスワード設定も行えます。

  • 注1XML Paper Specificationの略。
  • 注2オプション。

編集可能なWordやExcel形式に変換

スキャンデータは、WordやExcel形式のフォーマットに変換可能注1 。紙でしか残っていない書類も編集可能な電子文書にできます。表やイラストもWordやExcelでの再現に適したオブジェクトに変換します。

  • 注記本機能は、紙原稿にある文字や表、図形、写真などの素材を再利用するための補助機能です。ただし、素材を100 %再現することを保証するものではありません。
  • 注1オプション。

Wi-Fi Direct®

Wi-Fi Direct®接続で、モバイル端末から複合機に直接プリントできます。同時に社内LANに接続された業務用端末をアクセスポイント経由で接続することも可能です。

富士ゼロックス製のモバイル端末用アプリPrint Utilityを使ってのプリント・スキャンのほか、AirPrint、Google Cloud PrintTMにも対応。

Wi-Fi Direct®接続でプリント。

  • 注記オプション。

スキャン操作をより簡単に

スキャンをよく失敗する。設定が多く、難しい。定型業務なのに都度手作業で設定するのは面倒など、スキャンの使いにくさを改善し自動的に処理できるアプリケーションを用意しました。

個人利用のスキャンがより簡単に

原稿の向きや片面/両面などを意識することなく、最適に設定されたスキャン文書を、メールまたはスキャナー(PC保存)機能で送ることができる「スキャンオート」。スキャンデータの送付先入力も送信履歴から選択できるほか、認証時にはユーザーのメールアドレスが自動入力されるなど便利です。

スキャンオート

業務ごとのスキャンとファイル保存を簡単に

「業務別らくらくスキャン注1 」は文書の種類を選択するだけで、あらかじめ設定されたルール通りにファイル名をつけ、所定の保存先に直接スキャン文書を格納します。PCで取り出し格納する必要がなくなり、定型的なスキャン業務の作業効率の改善が図れます。

業務別らくらくスキャン

  • 注1オプション。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について

  • 注記DocuCentre-V 7080 N/6080 N/5080 Nでスキャン機能をご利用いただく場合は、スキャナーキットが必要です。