DocuPrint C3360 特長

High Quality

独自開発の「DELCIS」採用エンジンを搭載し高画質を実現

露光するプリントヘッド部にLED(発光ダイオード)を用いてイメージを描画する「LEDプリントヘッド」を採用しています。発光源として1200 dpiの自己走査型発光素子(SLED : Self-Scanning Light Emitting Device)を搭載し、その制御には富士ゼロックス独自開発の「DELCIS注1 」を用いることで、1200×2400 dpiの高画質、高品質なプリントを実現。小さい文字や写真などの画像、グラデーションを高画質でプリントできます。

露光装置の小型・軽量化

基本画素 1200×2400 dpi

EA-HGトナーの採用で、鮮やかさアップ

文字はハッキリ、写真は色鮮やかに再現します

従来のEAトナーにさらに改良を加えたEA-HGトナー注1 では、マゼンタ色材の変更により、特に赤・青・緑といった2次元の再現性がアップしました。また、トナーが溶けやすく、画像表面がなめらかになるため、再生紙へ印刷した場合でもキレイな色再現が可能です。

EA-HGトナーの採用で、鮮やかさアップ

文書を最適な画質で出力するさまざまな機能

3D-ACM注1 技術採用による先進的色補正処理

デジカメなどのパソコン周辺機器で標準化が進んでいるsRGBを標準色空間として採用。汎用性の高いカラーマネジメントを実現しました。また、独自開発の色補正処理技術3D-ACMにより、文書の種類や目的・用途に応じて、最適でより好ましい色再現特性を持たせることを可能にしています。さらに、オフィスで多用されるようになった写真、文字、グラフが混在する文書でも、オブジェクトに応じて自動的に画像処理を行うことにより、文字やグラフはくっきり鮮やかに、写真は質感豊かに、最適画質でプリントできます。

3D-ACM技術採用による先進的色補正処理

色味のかたよりがちな画像を手軽に補正するNIE技術

「やや暗い」、「鮮やかさ不足」、「色味がかたよっている」といった、デジタルカメラで撮影した画像にありがちな不満が残るデータも、NIE(Natural Image Enhancement)技術により、コントラストやカラーバランスなどを自動補正して出力します。また、ポートレートや風景写真といった写真の種類に応じた、きめの細かい調整も可能にしました。

画像を手軽に補正するNIE技術

目的に合ったイメージを簡単に再現する画質タイプモード

標準、写真、プレゼンテーション、Webページ、POPなど、原稿の特徴に合わせて画質タイプモードを用意。新たに、CADモードを追加。高線数スクリーン注2 により細い線で描かれた図面や文字の多い文書の出力に適しています。また、カラーバランスやICCプロファイル指定など可能です。

画質タイプモード

おすすめ画質注3

標準:
文字・グラフィックスと写真が混在した文書をバランス良く再現。

写真:
デジタルカメラなどの写真画像を最適な色で再現。

プレゼンテーション:
プレゼンテーション資料などをより鮮やかに再現し訴求力アップ。

Webページ:
ディスプレイに表示されている画像にできるだけ近い印象で再現。

CAD:
細い線で描かれた図面や細かい文字の多い文書に最適。

POP:
インストア・プロモーション用印刷物をインパクトのあるメリハリ画質に再現。

  • 注13D-ACM (3 Dimensional Accurate Color Mapping)
  • 注2高線数スクリーンは、高精細モード時のみ有効です。
  • 注3カラー出力の場合です。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について