DocuPrint C5000 d 特長

Universal Design

カラーユニバーサルプリント対応

文書中の赤文字を自動的に網かけしたり下線を引いたりして出力

DocuPrint C5000 dは、カラーUDプリント注1 機能に対応。赤文字に下線・網かけする機能を追加。文書の意図をより明確化できるとともに、色弱の方にも優しい文書作りが可能になります。また、白黒出力時には、電子原稿の赤文字部分に下線や網かけを施して出力が可能です。白黒出力しても、赤文字で強調していた部分が確認できます。

カラーユニバーサルプリント対応

  • 注記OSから描画指示された赤文字を処理します。グラフィックやビットマップは処理しません。
  • 注1UDはユニバーサルデザインの略。ART EXドライバーのグラフィックスタブの「カラーUDプリント」により、赤文字が見えにくい方に配慮した出力が可能です。

出力した用紙を認識しやすいブルーの排出面

DocuPrint C5000 dは、お客様の使い勝手を考慮して、出力紙が認識しやすいブルーの排出面を採用しました。従来のホワイトの排出面に比べ出力紙とのコントラストが明確になり、出力紙が排出されたことがひと目で分かります。

出力した用紙を認識しやすいブルーの排出面

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について