DocuPrint 3050 特長

Useful

省スペース化を実現するコンパクト設計

DocuPrint 3050は、幅463×奥行506注1 ×高さ375.3 mmのコンパクト設計。デスクトップやデスクサイドに設置が可能です。オプションの両面印刷モジュールも内蔵型なのでスペースを気にする必要はありません。また、消耗品交換や用紙補給、電源ON/OFFなど、ほとんどの操作は前面から行えメンテナンスが容易です。

消耗品交換操作

  • 注1A4使用時。

最大2350枚の給紙に対応

標準トレイ(550枚)と手差しトレイ(150枚)により、標準で700枚の給紙が可能。また、オプションのトレイモジュールは、250枚と550枚収納タイプの2種類を用意しました。用途に合わせて1段~3段まで自由に組み合わせて追加することができ、最大2350枚の大容量給紙が可能です。

大容量給紙

厚紙や不定形用紙の大量出力ニーズに対応

最大216 g/m2の厚紙や、帳票などの不定形用紙サイズがカセットトレイから給紙が可能。不定形用紙サイズは1 mm単位で設定でき、さまざまな用紙サイズに柔軟に対応します。また手差しトレイから長尺用紙(297×900 mm)の出力も可能です。

スキャナーとの接続でモノクロコピーに機能拡張

ネットワーク・ドキュメント・スキャナーDocuScan C3210(A4対応)に接続することで高速・高画質なコピーが可能です。

スキャナー接続 DocuPrint 3050 + DocuScan C3210

さまざまなニーズに対応する応用プリント

サンプルプリント注1

複数部数を印刷する際に、試しに一部だけ印刷して内容を確認後、残りの部数を本体側からの指示によりプリントができます。

サンプルプリント

小冊子印刷注2

用紙の両面にそれぞれ2ページずつ割付順序を変えてプリントします。用紙を中央で折ることで、手軽に小冊子を作ることができます。

小冊子印刷

スタンプ

任意の文字列を最大32種類まで登録し、プリント時に重ねて描画します。スタンプとして活用できます。

スタンプ

まとめて1枚(Nアップ)

1枚の用紙に複数ページ分をまとめてプリントします。用紙やトナーを節約してレイアウト確認ができます。

まとめて1枚(Nアップ)

拡大連写(ポスター)

1ページのドキュメントデータについて、出力枚数で指定された枚数の用紙面積いっぱいまで拡大してプリントすることができます。(最大4×4枚。)

拡大連写(ポスター)

  • 注1オプションの内蔵増設ハードディスクが必要。
  • 注2オプションの両面印刷モジュールが必要。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について