B9136 / B9125 / B9110 Printer 特長

Image Processing:高画質/高速処理の自社開発プリントサーバー

高画質/高速プリントサーバー

64ビットアーキテクチャーを採用した自社開発のコントローラーGX Print Server。最新のハードウェアとカラープロダクションプリンターで培った画像処理技術により、RIP処理の高画質化と高速化を実現しました。

GX Print Server for the B9 Series

Adobe® PostScript® 3™、Adobe® PDF Print Engine 4

プリントエンジンの性能を最大限に引き出す画像データ処理

プリントサーバーで、600×600 dpi、8 bit(256階調)でRIP処理を行い、高品質な画像データを生成します。さらに、プリンター本体で、富士ゼロックス独自のHQデジタルスクリーン技術(MACS注1 )により、2400×2400 dpiの高精細でなめらかなスクリーン画像を生成します。これらのデータ処理技術により、プリントエンジンの性能を最大限に発揮する高画質化を実現しました。

PDF出力に最適なAdobe® PDF Print Engineに対応

Adobe® PDF Print Engineでは、PDFデータを直接RIP処理するため、透明効果やレイヤー機能などの情報が欠落することなく、より高速で高品質な出力が可能です。ボカシやドロップシャドウ、光彩効果も安心して使用できます。

  • 注記Adobe® PDF Print Engineは、ファイルタイプがPDFとJDFのジョブに対して使用可能です。

プリントサーバーの高速化技術

データ容量を抑えて高速処理

富士ゼロックスの独自技術「中間データフォーマット」により、高画質で効率的なRIP処理を実現しました。従来のRIP処理では、画像データが大きくなるため演算に長い時間がかかりましたが、テキストやイメージなどのオブジェクトを自動判別し、データ量の少ない形式で処理することで、画質を落とすことなく処理時間を大幅に短縮します。

高速シリアル伝送

巨大なラスターデータを4.25 Gbpsの広帯域でプリンターに高速送信します。自動的に重送検知/訂正を行い、高い信頼性を確保しています。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について