Iridesse™ Production Press 特長

デザイン表現を引き立てる高画質

⾼い出⼒解像度で、⾼精細画質を実現

2400×2400 dpiの⾼い出⼒解像度によって、本機が表現する華やかな⾊彩を、きめ細やかなドットで、美しいままに出⼒します。さらに進化したVCSEL‐ROS注1 によって、120ページ/分の⾼い⽣産性と⾼精細画質を両立しています。

  • 注1マルチビームを発光できる⾯発光レーザー⾛査技術。

1200 dpiのRIPと10 bitの階調補正で文字や細線、グラデーションも美しく

1200×1200 dpi のRIP処理と10 bit階調補正により、原稿品質を落とすことなく、⽂字、細線、グラデーションなどを滑らかに再現します。プロダクション・フラッグシップモデルである IridesseTM Production Pressの⾼いハードウェア性能との相乗効果で、当社最⾼クラスの画質を誇ります。

オブジェクトごとにスクリーンを選択し最適な画質に

さまざまなスクリーンを⽤意し、⽂字や写真などオブジェクトごとに適したスクリーンを選択できます。また、モアレの発⽣には、当社独⾃のFMスクリーンが効果を発揮。FMスクリーンに発⽣しがちな粒状性の粗さもゼログラフィー特性に応じた適切なドット配置で抑制し、滑らかな画質を実現します。

モアレに当社独⾃のFMスクリーンが効果を発揮。滑らかな画質を実現。

⼩さな⽂字や細線を鮮明に⾒やすく

エッジエンハンスメント処理

輪郭部のスクリーン処理によって、中間調の⽂字や線で発⽣しがちなジャギーを抑制し、⽂字や線を鮮明に再現。

⽩抜き強調・細線化⽂字

ポイント数が⼩さい⽂字について、⽩抜き⽂字はつぶれを、⿊⽂字は太りを低減するように処理します。輪郭部分のトナー量を段階的に調整できるため、お好みのバランスで、⽂字を判読しやすくします。

⽩抜き強調・細線化⽂字

3Dキャリブレーションで安定した⾊再現をサポート

キャリブレーションには、⾊変動の調整作業を⾃動化できるインラインセンサーと、X-Rite社製分光測⾊器i1® Pro 2を⽤意しました。単⾊のみでなく混合⾊にも対応した⾼精度な3Dキャリブレーションとフィードバック機能で、安定した⾊再現性を⽀援します。

デザインや写真に合わせた細かな色補正が可能

各種CMYK⾊基準に対応

Japan Color、FOGRAなど印刷業界標準の各種⾊基準に対応。お客さまが希望する⾊空間で、カラーシミュレーションできます。

ユーザー調整カーブで⾃由に⾊調整

CMYK各⾊の再現カーブを⾃由に調整。ハイライト部の微調整も可能です。

特⾊の中間⾊も調整可能

DIC、TOYO、PANTONE®など印刷業界標準の特⾊ライブラリーをご⽤意。特⾊の中間⾊も調整カーブや⽬標値設定で補正できます。

撮影状況や⽤途に応じた写真⾃動補正

写真のコントラストやカラーバランスなどを⾃動補正。屋内撮影による⾊かぶり補正や、みずみずしさ・精細感などの質感補正も⾃動で⾏えます。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について