Iridesse™ Production Press 特長

ビジネスの幅を広げる多彩な選択肢

プリントサーバー、給紙オプション、排紙オプション

Iridesse™ Production Press プリントサーバー、給紙/排紙オプション

  • 注記プリントサーバーのスタンドは、オプションです。

プリントサーバー

❶ GX Print Server for the Iridesse Production Press

  • プリンターの生産性をフルに引き出すGX Print Server
    1200 dpi、10 bitの高解像度ジョブも高速に処理。バリアブルなどの大容量ジョブも次々とこなし、プリンターの持つ高い生産性を最大限に活かします。
  • 高速処理を支える技術
    • 容量を抑えて処理を高速化「中間データフォーマット」
      テキストやイメージなどを自動判別し、オブジェクト単位で管理。本来、データ容量の大きい高画質ジョブも容量を抑え、画質を保ちながら高速に画像処理します。
    • ハードウェアで高速処理「RIPアクセラレーターボード」
      ハードウェアレベルの高速化チューニングで、サーバーの物理スペック以上の高速性を発揮します。
    • プリントサーバーからプリンターへ「高速シリアル伝送技術」
      プリントサーバーで処理したデータを4.25 Gbps/チャネル注1 の広帯域でプリンターに高速送信します。
  • ユーザーの好みに合わせてカスタマイズできる操作画面
    操作画面はユーザーが使いやすいレイアウトに柔軟に変更可能。表⽰する項⽬や表⽰の仕⽅もカスタマイズできるので、使⽤頻度やユーザーの習熟度に応じた操作画⾯にできます。また、消費統計表示などを追加できるダッシュボード機能により、出⼒業務に関連するデータ分析もサポートします。
  • リアルタイムにプレビューしながらジョブ編集が可能
    • Job Director
      ⾯付けやページ構成の操作、ビルドジョブ作成などの編集は、論理ページ/物理ページをプレビューしながらドラッグ&ドロップ操作で簡単に⾏えます。
    • Raster Image Viewer
      RIP済みデータをプレビュー表示し、調整前と調整後のイメージを確認しながら、ユーザー調整カーブと明るさの調整ができます。特殊トナーの出力状態も確認可能です。

給紙オプション

❷ 手差しトレイ注2

❸ 大容量給紙トレイC3-DS/重連用大容量給紙トレイC1-DS

  • エアアシスト
  • 重送検知

排紙オプション

❹ インターフェイスデカーラーD1

  • リアルタイムカール補正

❺ インターポーザーD1

  • 表紙/合紙挿入

❻ 大容量スタッカー

  • 5000枚平積み
  • 2台連結可能
  • スタッカーカート

❼ 天地トリマークリーサーD2

  • 天地断裁
  • 筋入れ

❽ 紙折りユニットCD2

  • Z折り/三つ折り

❾ フィニッシャーD6/中とじフィニッシャーD6

  • ソート/スタック
  • ステープル
  • パンチ注3
  • 中とじ/二つ折り注4

❿ 小口トリマースクエアフォールドD1

  • 小口断裁
  • 角背仕上げ

● オフセットキャッチトレイ

  • オフセット排出

● ロングキャッチトレイ

  • 長尺用紙排出

後加工例

後加工例

  • 注記天地断裁と小口断裁で、三方断裁を行います。
  • 注記400 g/m2までの用紙は本体トレイから給紙。
  • 注記後処理加工を必要としない場合は、オフセットキャッチトレイをご用意しています。
  • 注11色で2チャネル使用。
  • 注2大容量給紙トレイC3-DSのオプション。
  • 注3オプション。
  • 注4中とじフィニッシャーD6の場合。

マシンだけじゃない。富士ゼロックスだからできること

印刷ワークフローのさまざまな場面で、プリントビジネスの効率化に貢献します。

Case1:同じ属性のジョブをまとめて、印刷業務を効率化

用紙の銘柄・サイズ・坪量、後処理方法など、同じ属性のジョブをまとめて出力することで、用紙交換作業や、後工程の段取り替えを最小化。多品種・小ロットに対応するオンデマンド印刷の生産性を最大限に引き出し、印刷物の短納期化に貢献できます。

同じ属性のジョブをまとめて、印刷業務を効率化

Case2:オフライン後処理機との連携による、製本業務の効率化

オフライン後処理機を使用して印刷物を制作する場合も、後処理用バーコードによって製本業務を効率化。ユーザーの習熟度に依存せず、乱丁 / 落丁などのエラーを防止でき、印刷物の品質向上に貢献できます。

オフライン後処理機との連携による、製本業務の効率化

  • 注記FreeFlow Coreは、ジョブ入稿からプリプレス、印刷、後処理までの印刷ワークフローを自動化・管理するソフトウェア(別売り)です。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について