Iridesse™ Production Press 特長

バラエティー豊かな印刷物を、スピーディーかつ安定的に

厚紙や長尺用紙への印刷、多彩な後加工もこの一台で

52 g/m2の薄紙から400 g/m2の厚紙まで業界トップクラスの対応力

折り込みチラシの薄さから、名刺並みの厚さまで幅広い印刷物をこれ一台でカバー。用紙対応力の幅だけ、印刷物の可能性も広がり、より多くのニーズに応えることができます。

はがきから長尺用紙注1 まで幅広い用紙サイズに対応

郵便はがきよりさらに小さい98×148 mmから最大330×488 mmの用紙まで、幅広いサイズをサポート。さらに、長尺用紙注1 への印刷も可能で、新たなアプリケーションやビジネスの可能性が広がります。

長尺プリントの例長尺プリントの例

多彩な後加工をインライン注2

筋入れ、冊子の三方断裁、角背仕上げなど、印刷物の価値を高める後加工を印刷から一括して行えるので、手間がかからず、完成品がスピーディーに作成できます。 IridesseTM Production Pressが持つ高い表現力、幅広い用紙対応力と相まって、印刷物の価値がさらに高まります。

筋入れの例筋入れの例

  • 注1オプション。片面プリント:最大330×1200 mm、自動両面プリント:最大330×729 mm。
  • 注2オプション。

ビジネスを加速させる高い生産性

用紙厚にかかわらず120ページ/分注1 の高速プリント

52 g/m2の薄紙から400 g/m2の厚紙まで、幅広いレンジでトップスピードを実現。6色トナー使用時もスピードを落とすことなく、高速出力します。表現力と生産性を高い次元で両立し、短納期や柔軟な対応を求めるお客様のニーズにこたえます。

進化した自動調整機能により稼働時間を最大化

インラインセンサーで自動化できる各画像調整項目注2 の中から、マシン稼働開始時や用紙交換時など、日常の運用場面にあわせて調整したい項目を任意選択。一括調整を指示できるため、メンテナンスの手間やダウンタイムを軽減できます。さらに、予防保守に役立つ項目は、診断結果を当社リモート保守サービス注3 に送信可能です。

Iridesse™ Production Press

  1. アテンションライト
    遠くからでもマシンの状態が確実に把握できるよう最上部に配置。CUD注4 に配慮したLED色を使用し、多くの方に見やすい設計です。
  2. 特殊トナー
    下刷り用・上刷り用注5 に1本ずつを、CMYKトナーの左右に搭載可能。
  3. オーバーコート感光体ドラム
    ドラム表面にオーバーコート処理を施したロングライフ設計のオーバーコート感光体ドラム。当社比約1.5倍のさらなるロングライフ化で、安定した高画質を維持します。
  4. 大径2層中間転写ベルト
    高画質を実現するシームレス構造の転写ベルトは、当社比約2倍のロングライフ化を実現しました。
    • ダブルフライホイール
      転写部に用紙が突入する際に生じる転写ベルトの振動を抑制することで、振動が大きく転写ムラが発生しがちな厚紙にも安定した転写が可能です。
  5. 確実な用紙フィード
    • エアアシスト機構
      空気を送って1枚ずつ用紙をはがし、確実にフィードします。
    • 重送検知装置
      2枚以上の用紙が重なって送られないようセンサーで監視します。
  6. ベルトロール定着器
    高速走行する用紙へ確実にトナーを定着。ベルトに巻きつきやすい薄紙コート紙の剥離性にも優れた機構を持ち、用紙を安定走行します。
  7. 運用効率を高めた操作画面
    プリンター操作画面からプリントサーバーの操作も可能に。また、モニターアームにより、様々な角度から画面操作が可能になるなど、ユーザビリティが向上しました。
  8. 安定した用紙走行
    ストレートを基調とした用紙パス設計により、高速走行する用紙のストレスを抑制。厚紙も安定した用紙走行が可能です。
    • 高精度レジストレーション
      高速で送られる用紙を常に同じ経路を通るように誘導し、高精度な表裏見当を実現します。
    • バリ取りロール
      用紙走行時、定着ベルトを傷つける用紙裁断面のバリをロールでならし、ベルト傷による印刷ムラを防ぎます。
  9. 用紙冷却機構
    大型のヒートシンクを搭載。トナーを熱定着させた用紙に対する高い冷却効果により、スタック用紙同士の貼り付きや、用紙の安定走行を妨げるカールや波打ちを抑制します。
  10. ツインデカーラー
    紙種や像密度などによって異なる用紙カールを1ページずつリアルタイムに判断。上向き/下向きカールを最適な段階で自動補正することで、用紙の安定走行を支えます。
  11. インラインセンサー
    手作業で行う必要があった各種調整を自動化。運用の手間を軽減し、稼働率の向上や印刷品質の安定に貢献します。

    [調整内容]
    • 表裏レジ補正
    • 面内濃度ムラ補正
    • 階調補正
    • ハーフトーン
    • 転写出力調整
    • カラーキャリブレーション(単色/混色)
    インラインセンサー
  12. リアルタイムカール補正注6
    用紙のカール量を目で確認しながらリアルタイムに調整できます。

環境への配慮

グリーンプリンティング資機材認定取得

グリーンプリンティング資機材認定商品

一般社団法人 日本印刷産業連合会(JFPI)が制定するグリーンプリンティング資機材認定です。

  • 認定番号:資機材 034-G-0014
  • 商品名: IridesseTM Production Press

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について