Versant™ 3100 Press 特長

VersantTM 3100 Pressとは

プリントビジネスの多様なニーズに、優れた生産性と豊かな創造力で応えます。

Do more. With more.

豊富な後加工オプション、高画質、高い生産性など、プロダクションプリンターに求められるさまざまな課題に、 VersantTM 3100 Pressがハイレベルに応えます。
美しいを、スピーディーに、そして、よりリッチに。マーケットニーズに的確に応える先進性が、ここにあります。

より豊かな表現力、安定した美しさを、高い生産性で。
プリントビジネスを、柔軟多彩に支えます。

  • More Performance ― 高い生産性
    高速処理、自動化、アップタイムの向上などで、高い生産性を実現。万一の場合も容易にリカバリー可能な機能を搭載。マシンのダウンタイムを削減します。
  • More Quality ― 優れた高画質
    滑らかなグラデーション、見やすい文字、効果的な写真補正など、オフセット印刷に迫る表現力を獲得。プリントビジネスの幅広いニーズに柔軟に応えます。
  • More Versatility ― 豊かな表現力
    ニーズに応じて拡張可能な後加工オプションを用意。三方断裁、筋入れ、自由度の高い表紙付けなど多彩な後加工をインラインで実現します。

本体(Versant™ 3100 Press)に、オプションの重連用大容量給紙トレイC1-DS、インターフェイスデカーラーD1、インターポーザーD1、大容量スタッカー×2、天地トリマークリーサーD1、紙折りユニットCD2、中とじフィニッシャーD6、小口トリマースクエアフォールドD1構成時(最大構成)。サーバーはオプションの専用スタンドにGX Print Server 2を設置した例。

写真は、本体(VersantTM 3100 Press)に、オプションの重連用大容量給紙トレイC1-DS、インターフェイスデカーラーD1、インターポーザーD1、大容量スタッカー×2、天地トリマークリーサーD1、紙折りユニットCD2、中とじフィニッシャーD6、小口トリマースクエアフォールドD1構成時(最大構成)。
サーバーはオプションの専用スタンドにGX Print Server 2を設置した例。

VersantTM 3100 Pressの構成本体

Versant™ 3100 Pressの構成

  1. 操作パネル
    操作性に優れた9型液晶タッチパネルを採用。各種設定を直感的に行えます。また、ステータス表示や見やすいLED表示により、プリンター本体のエラーも的確にオペレーターに伝えます。
  2. エアアシスト機構/重送検知装置
    大容量給紙トレイC3-DS(標準)、重連用大容量給紙トレイC1-DS(オプション)にエアアシスト機構を搭載。密着しやすいコート紙も安定して送り出すことができます。また、重送は重送検知装置が検知。ドキュメントの信頼性を確保します。
  3. ゲート式レジストレーション機構
    高速走行する用紙の傾きを補正しながら、安定した走行経路を実現。表裏ズレを抑止します。
  4. 小型ベルトロール定着器
    効率的な加熱を可能にした小型ベルトロール定着器が、厚紙も高生産性・高画質を実現します。
  5. デカーラー
    用紙の安定走行の妨げとなるカールを機械的な機構で即座に補正。安定した用紙走行を実現します。用紙カールの大きさと向きに応じて補正量の調整可能。対応できる用紙の種類が広がります。
  6. 小型用紙冷却装置
    当社プロダクションプリンターのハイエンドモデルで定評のある用紙冷却装置を小型化し標準搭載。用紙走行を安定化させ後加工までの一連の処理をスムーズに行うとともに、高画質化にも貢献します。
  7. インラインセンサー
    カラーキャリブレーション、表裏レジ調整、転写出力調整、面内ムラ補正、自動階調補正などの調整作業を自動化します。調整の手間を省くとともにマシンのアップタイムを向上します。
  8. リアルタイムカール補正
    オプションのインターフェイスデカーラーD1を装着することにより、プリント用紙のカール量を目で確認しながらリアルタイムに調整できます。

環境対応

国際エネルギースター
「国際エネルギースタープログラム」とは、地球環境問題に配慮した、エネルギー効率の良いOA機器の開発導入を目的とした、国際的な省エネルギー制度です。
グリーンプリンティング資機材認定商品

一般社団法人 日本印刷産業連合会(JFPI)が制定するグリーンプリンティング資機材認定です。

  • 認定番号:資機材 034-G-0010
  • 商品名: VersantTM 3100 Press

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について