Apeos PEMaster® 1 特長

証憑管理支援機能

Apeos PEMaster評価支援(オプション)に含まれる機能で、手間のかかる証憑の収集、照合、確認を電子化によって効率的に実施します。

証憑の登録と電子化

テスト対象の証憑が決定した際に証憑収集者を設定すると、担当者宛に収集依頼のEメールが送られます。このメールを受け取った担当者が証憑を登録するために、次の機能を用意しています。

電子化された証憑の場合

  • クライアントまたはWebからのアップロード
  • 個別または一括入力処理

紙の証憑の場合

  • ApeosPortからのスキャニング
  • 個別処理または区切りシートを利用した一括入力処理

証憑の登録と電子化

特長

  • 多彩な収集方法で、遠隔地からの証憑登録が容易に行えます。
  • 運用評価では個別証憑だけではなくサンプル単位での収集も可能です。
  • ApeosPortからのスキャニングでは、ApeosPort操作パネルの簡易なUIを使って登録できます。

証憑の照合

サンプルテスト結果を判定するに当たり、該当する複数の証憑をまとめてクライアント画面に表示して電子的な監査が行えるよう、次の機能を用意しています。

  • テストに必要な証憑種類の一覧表示
  • 照合対象の複数証憑イメージデータをひとつのPDFまたはDocuWorksファイルに合成・表示

証憑の照合

特長

  • 照合機能を利用して、画面上の複数の証憑から必要事項が確認できます。
  • 表示された証憑の日付、捺印、金額などにチェックのアノテーションを入れて保存できます。注1
  • 注1Adobe® Acrobat® Reader® DC、または、DocuWorks 9 日本語環境(バージョン9.0.1)、DocuWorks 8 日本語版(バージョン8.0.9)、いずれかのDocuWorksが必要。

証憑の確認

運用評価テストの確認を行う際に、評価調書から該当する証憑をクライアント画面で参照できるよう、以下の機能を用意しています。

  • テスト結果シートの証憑番号と、文書管理システムに登録された証憑とのリンク付け
  • 証憑番号から該当証憑の基本情報や証憑イメージデータを表示

証憑の確認

特長

  • 運用評価調書の証憑番号をクリックするだけで、その証憑の内容が確認できます。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について