ArcSuite® Engineering 特長

文書管理

ArcSuite Engineeringの強みは、図面の管理にとどまらず、情報の再活用を促進させること。管理体系の可視化と豊富な検索機能を備えることで、製造業の情報活用を活性化します。

管理階層を"見える化"

ドキュメントスペース

キャビネット/ドロワー/フォルダー/ドキュメントといった階層構活用事例造でファイルを管理できます。版管理や履歴管理により、修正・変更の活用事例過程が容易に把握できます。

履歴表示画面履歴表示画面

文書の登録/編集

デスクトップクライアントによる簡易な登録と編集

Microsoft Windowsのデスクトップ環境と同じように、文書の登録や取り出しがドラッグ&ドロップで行えます。また、ドキュメントスペース上の文書を直接編集したり、属性を一括更新することも可能です。

デスクトップクライアント画面デスクトップクライアント画面

多彩な検索性

属性検索、全文検索

文書や図面に付与された文字列、日付などの属性から、目的の文書を検索できます。また、全文検索時のキーワードを検索結果でハイライト表示することも可能です。

属性検索画面属性検索画面

ArcSuite統合検索サービス注1

外部のファイルサーバー注2 で管理されている情報を定期的に収集し、データベースへコピーまたはキャッシュとして登録。これにより1回の操作で複数のサーバーを横断して検索できます。

複数のサーバーを横断検索

分類ビュー機能注1

文書の種類や作成者など、文書の属性を利用して階層表示を自在に変えられます。管理方法や利用シーンに合わせて複数の異なる視点での表示が可能。部門ごとにユニークな文書体系で管理できます。

分類ビュー機能

  • 注1Startモデルは非対応、Standardモデルはオプション、Enterpriseモデルは標準。
  • 注2フォーマット形式はWindowsのNTFS形式。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について