ApeosWare® Record Link 特長

ApeosWare Record Linkとは

帳票印刷、読み取り、確認訂正、進捗状況の可視化など一連の帳票処理業務の効率化に大きく貢献します

官公庁や企業で扱う多様な帳票。その多くは手書きの紙帳票で、確認やシステムへの入力に多くの時間と労力が費やされています。

ApeosWare Record Linkは、帳票の準備から回収後のデータの読み取り・入力、進捗状況の可視化、書類の不備の確認、各種通知文書等の印刷、台帳管理まで、帳票処理に関する業務プロセスをトータルにサポート。
申請・届出受付、調査・アンケートなどの業務の効率化に大きく寄与します。

[現状の業務] 人手と時間が多くかかる手作業、人的ミスの懸念。

これまでは…

  • 業務システムで定義された帳票に差込印刷
  • 手書きされた帳票を、PCで手入力
  • 時間をかけての仕分け、帳票内容の確認
  • 記入漏れや添付書類の不備通知を一件一件手作業で作成
  • 作業の進捗確認が面倒

現状の業務

[導入後] 業務全体を効率化。

ApeosWare Record Linkなら!

  • 自由に設計した帳票に業務システムのデータを差込印刷
  • 手書きされた帳票を、OCRで読み取り
  • OCR結果をPC画面上で簡単に確認・訂正
  • 台帳で簡単仕分け、不備通知等二次帳票の一括印刷
  • 作業の進捗状況も台帳上で一覧管理

導入後

自由な帳票設計と差込印刷

自由な帳票設計

ApeosWare Record Linkで扱う帳票は、Microsoft WordやExcelなど、お手持ちのソフトウェアで作成することが可能です。

簡単設定で帳票への差込印刷

業務システムやデータベースのデータを用いて、簡単な設定で差込印刷が行えます。頻繁な制度変更にも柔軟に対応可能で、帳票変更コストの削減につながります。

差込印刷の設定画面差込印刷の設定画面

二次帳票の設計と差込により、業務効率が向上

台帳機能で抽出したデータに対して、各種通知文書や調査フォームなどの二次帳票を一括出力することができます。

手書き帳票の入力効率化

手書き帳票を高精度に読み込み

手書き帳票を高速スキャンします。チェックボックスや漢字、ひらがななど、記載データを高精度に読み込み、素早くデータ化します。

読み込みデータの確認・修正が容易

  • アンケートビュー

チェックあり/なし、数字など、同じ認識結果の画像を切り取って一覧表示します。間違い探しの要領でチェックできるので、認識結果確認を短時間かつ容易に済ませることができます。

複数ページの同一認識結果を一覧で確認複数ページの同一認識結果を一覧で確認

  • 帳票ビュー

帳票記載内容や添付資料を画面で確認できます。不備事項のチェック結果を反映・修正したり、管理用ステータスにチェックを入れることで、詳細な進捗管理に役立てることができます。

帳票ごとの内容を確認帳票ごとの内容を確認

台帳管理と業務システム連携

処理の進捗状況の確認

スキャン日時、確認訂正日時のほか、不備確認結果の記録も可能で、帳票処理の進捗状況が詳細に管理できます。

処理の進捗状況の確認

記入漏れなど簡単なミスを自動通知

未記入や選択ミスなどの記入不備を自動検出し、通知することが可能です。

業務システムとの連携

業務システムから出力されたCSVの読み込みや、業務システムに引き渡す情報のCSV出力が可能で、簡易なシステム連携を実現します。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ