Cloud Service Hub® for Concur 特長

経理精算の電子化業務を効率化

経理証憑の電子化業務で、大量レシートの1枚ずつのスキャン/写真撮影や上下逆のスキャン間違いの修正などに時間を取られていませんか。富士ゼロックスの独自のコンテンツハンドリング技術を搭載したCloud Service Hub for Concurと株式会社コンカーの経理管理ソリューションConcur Travel & ExpenseのConcur Expenseの連携により、経費精算の煩雑さを解消し、領収書の取り込みと格納を強力に支援し、円滑な経費精算の電子化業務に貢献致します。

さらなる進化 — Cloud Service Hubで業務連携がもっと簡単に

Cloud Service Hubは、特定の業務に特化したクラウドサービスにもフォーカス。
クラウドサービスを活用した業務運用を今まで以上に効率化し、お客様の利便性を向上します。
経費管理業務のクラウド連携として、Cloud Service Hub for Concurの登場です。

Cloud Service Hub for Concur

経費管理業務のクラウド連携、Cloud Service Hub

一歩先を行く企業へ — Cloud Service Hub

企業が事業の優位性を守り続けるために必要なこと、それは、今まで以上に効率的な業務運用、迅速な対応、効果的なコミュニケーションです。Cloud Service Hubは、主要なクラウドサービスをひとつのインターフェイスで接続。煩雑さを解消して業務の効率化を実現し、ユーザーの利便性を向上させます。Cloud Service Hubは、単なるデバイスとクラウドの接続を提供するためのサービスではありません。複雑なクラウドシステムの統合が簡単にできるので、業務効率が向上し、クラウド活用のメリットを活かすことができます。

富士ゼロックスと株式会社コンカーの連携

交通費精算、旅費・出張費などの精算業務を電子化し、一元管理する経費精算クラウドサービスの需要は拡大しています。株式会社コンカーのConcur Travel & Expenseはこの分野を牽引するクラウドサービスとして多くの支持を得ています。富士ゼロックスは、Concur Travel & Expense の Concur Expense機能を支援する独自のコンテンツハンドリング技術を開発、Cloud Service Hub for Concurを提供します。富士ゼロックスと株式会社コンカーの連携が経費精算の煩雑さを解消し、さらなる効率化を実現します。

Concur Expenseに対応 — 領収書画像の取り込みをスムーズにします

経理精算業務を支援するクラウドサービスとして定評のある、出張・経理管理ソリューションConcur Expenseに対応しました。Cloud Service Hub for Concurと連携することにより、領収書の取り込みと格納をワンストップで行い、働き方革新を支援いたします。

Cloud Service Hub for Concurの利便性

  • 複数領収書の一括取り込み
    複合機のスキャナーから、複数の紙領収書を一度に取り込むことができます。さらに自動分割機能により領収書一枚づつに分割して保存が可能。経費入力の自動化、省力化に貢献します。
  • 複数領収書の一括転送
    電子化され分割保存された多量の領収書ファイルは、Cloud Service Hub for Concurにより、直接Concurの画像フォルダーに一括転送することができます。煩雑な日常業務を飛躍的に改善します。

Concur Expenseの流れ

Concur Expenseの流れ

Cloud Service Hub for Concurでできること

1. 複合機に認証・ログイン1. 複合機に認証・ログイン
2. Cloud Service Hub for Concurを選択2. Cloud Service Hub for Concurを選択
3. 富士ゼロックスダイレクトの認証・ログイン3. 富士ゼロックスダイレクトの認証・ログイン
4. レシート・領収書を配置注1 4. レシート・領収書を配置
5. スキャン5. スキャン
6. プレビュー確認6. プレビュー確認
7. Cloud Service Hub for Concurへ送信し文書加工7. Cloud Service Hub for Concurへ送信し文書加工
8. Concurへデータを一括自動送信8. Concurへデータを一括自動送信
  • 注記Concur Expense上の既存のレポートへの領収書画像の登録や、複合機の操作でレポートを新規作成し領収書画像を登録することもできます。
  • 注1小サイズ/非定形サイズは原稿ガラスを、定形サイズは原稿ガラスまたは原稿送り装置が使用できます。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ