Device Log Service® 特長

Device Log Serviceとは

Device Log Serviceは、機器の使用状況を、Webブラウザーを使って集計・参照できるサービスです。集計結果は、表やグラフで見やすく色分けされ、出力も可能。対象機器やユーザーIDを絞り込んで集計できるので、個人や部門ごとに費用を管理できます。

こんなことが手軽に推進できます。

手軽に導入 : 特別な設備や手間が不要。手軽に経費節減のPDCAサイクルを構築できます。

EP-BB注1 を契約した複合機と、インターネットに接続できるパソコンさえあれば、すぐに運用可能。専用のサーバーを立てる必要もありません。オフィスのTCO削減をスムーズに推進できます。

節約を見える化

表やグラフで使用量を「見える化」。社内の節約意識を高めます。

細やかに管理

機器やユーザーごと使用量を集計可能。きめ細やかに管理できます。

機器の最適配置

部門ごとの使用量もわかるので適正な台数に機器を集約・配分できます。

シンプルで使いやすい操作画面

概要画面―全体の使用状況を一覧

Device Log Serviceにログインすると、最初に表示される「概要」ページ。ここには管理している機器の一覧や「今月のご使用状況」が表示されます。画面上部にあるメニューから各機能ページへ表示を切り替えられます。

トップページトップページ

概要画面

使用状況の集計―集計パターンの登録も可能

ユーザーや機器ごとに使用状況を集計したり、使用状況データをダウンロードしたりできます。さらに、複数のテナントの利用状況を束ねて集計することもできます。集計対象やアイテムなどを用途に合わせて細かく設定し、集計結果をグラフ化できます。一度設定した条件は「集計パターン」として登録し、次回以降も活用できます。カラー、白黒別に単価注1 を設定すれば、金額換算しグラフ表示できます。

[グラフの種類]
  • 円グラフ
  • 棒グラフ(横・縦)
  • 折れ線グラフ
  • 面グラフ

部門別の集計例部門別の集計例

機器での使用状況確認 注2

機器の操作パネルに今月の使用状況を表示できます。ユーザーに向けたメッセージを設定することができますので、たとえば、両面/2アップを推奨するメッセージを表示することができます。

機器での使用状況確認画面機器での使用状況確認画面

機器管理

Device Log Serviceが管理している機器の詳細を表示。一覧表示と詳細表示を切り替えたり、集計設定の変更ができます。

機器管理の詳細画面機器管理の詳細画面

ユーザー管理

ユーザー登録は最大2000人まで可能。ユーザーの追加や情報更新もスムーズです。ユーザー情報はCSV形式で書き出しや登録が可能です。また、Azure Active Directory、LDAPサーバーのユーザー情報を同期することもできます。

ユーザー管理画面ユーザー管理画面

  • 注1単価設定は機種共通です。
  • 注2複合機連携ツールのインストールが必要です。

Device Log Serviceの仕組み

Device Log Serviceの仕組み

  • 注記『EP-BB 複合機管理サービス』とは、ブロードバンドネットワークの活用により複合機導入後の管理業務を無償で支援するサービスです。万一の故障や消耗品切れに迅速に対応するとともに、ご希望に応じて機器ごとの稼働状況をご報告。効果的な活用を支援します。
    詳細は、EP-BB 複合機管理サービスをご参照ください。

Job Log Analyzer(ジョブログ集計ツール)

Device Log Serviceに保存されたジョブログを集計し独自のレポートを作成したり、より詳細なグラフの作成を行うことができます。

Job Log Analyzerの画面Job Log Analyzerの画面

  • 注記Job Log Analyzerは、Device Log Serviceのヘルプからダウンロードできます。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ