DocuWorks® トレイ 2 特長

DocuWorks トレイ 2とは

DocuWorks トレイ 2は、文書トレイで電子文書の受け渡しがスムーズに行えるDocuWorksのオプションソフトウェアです。

電子のトレイで電子文書の受け渡しを効率化

ネットワーク上の複数ユーザー間で文書の受け渡しが可能

トレイ文書の保存先をネットワーク上の共有フォルダーと関連づけることで、部署間など複数のユーザー同士で、文書の受け渡しを行うことができます。受け渡しは、文書をトレイガジェットにドラッグ&ドロップするだけ。紙文書をトレイに入れる感覚で、誰でも簡単に操作できるのでとても便利です。

DocuWorks トレイ 2とは

新着文書をウインドーや音、アイコンでお知らせ

新しい文書がトレイに入ると、「新着お知らせ画面」ウインドーのポップアップと音で通知します。また、トレイガジェットには「NEW」アイコンが表示され、文書の新着を直感的に把握できます。急を要する処理でもすぐに対応できるので、業務のスピードアップが図れます。

トレイ内のDocuWorks文書をサムネール表示

トレイガジェットをダブルクリックして、トレイウインドーを開くと、DocuWorks文書の他、TIFFやJPEGなどのイメージファイルがサムネールで表示できます。DocuWorks文書は先頭ページを拡大表示できるので、開かなくてもスタンプや付箋から状況の確認ができ、優先度の高い順に着手するなどの効率化が望めます。

電子文書を複数のユーザーに一斉配布

複数のユーザーに同じ文書を、1回の格納操作で一斉に配布できます。文書を取り出したトレイからは文書の表示が消えますが、取り出していないトレイの文書は残っています。

電子文書を複数のユーザーに一斉配布

業務の流れの可視化により改善や効率化に貢献

業務に関わるすべてのトレイをデスクトップに表示しておけば、工程ごとの処理待ち文書数やその流れを直感的に把握できます。これにより処理の滞りや負荷が確認でき、業務の流れの改善や効率化に役立てることができます。

業務の流れの可視化により改善や効率化に貢献

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について