ホーム > 商品情報 > ソフトウェア / クラウドサービス(出力サポート) > FreeFlow デジタル・ワークフロー・コレクション > 特長

FreeFlow デジタル・ワークフロー・コレクション 特長

FreeFlow Core

出力ワークフローの自動化により、プリントプロセスを最適化

  • 「より効率的にジョブを処理したい」
  • 「ジョブ処理のエラーを減らしたい」
  • 「複数のシステムを統合して、効果的な業務プロセスを実現したい」
  • 「一連の出力に関わるプロセスを最適化したい」
  • 「既存の設備やソフトウェアの生産性を高めたい」

FreeFlow® Coreは、プリントに関わるこのようなニーズにお応えするソフトウェアです。

出力ワークフローを自動化することによって、プリントプロセスの最適化やジョブ処理の効率化を可能にします。また、多彩なオプションにより機能を追加できるだけでなく、既存システムとも連携できるので、システムを小さく始めて大きく育てることが可能です。

シンプル操作と高度な機能でプリプレス作業を自動化

FreeFlow® Coreは、ブラウザーベースのソフトウェアです。プリプレスから出力までのプロセスを自動化でき、操作も簡単なので、印刷知識を持つ専任オペレーターでなくても操作可能。高い拡張性と外部連携機能により、高度な活用が可能です。

業務プロセスの質を高め、生産性を向上

印刷物の短納期や少部数ニーズに対応するには、プリプレス作業の効率化が不可欠です。しかし、この作業には印刷知識が必要なため、効率化に限界がありました。FreeFlow® Coreは、このプロセスを定型ワークフローとして自動化。経験の浅いオペレーターでも操作でき、煩雑で繰り返しの多い業務によるボトルネックを解消し、生産性を向上します。また、さまざまなルールに基づき、条件分岐させた複雑なワークフローを作成できるので、印刷知識に富んだ専任オペレーターのノウハウを含めてワークフローに取り込むことができます。

外部連携により印刷工程全体を自動化

業界規格であるJMF注1 により、上流や下流の既存システムと連携できるので、既存のワークフローを変えることなく印刷工程全体を自動化できます。また、上位システムが出力したジョブ情報を、標準装備のMAX注2 によりスムーズにFreeFlow® Coreに引き渡すことも可能。これにより、煩雑な手作業でのジョブ入力から解放されるとともに、ジョブ処理の情報を確認できます。

わかりやすいGUI により手軽にワークフローを作成可能

ブラウザーベースの直観的なGUIにより、ドラッグ&ドロップで簡単にワークフローを作成可能。プログラミングなどの専門知識は不要です。また、ワークフローのサンプル集を同梱しているので、これらをカスタマイズして使用できます。特別な技術がなくても簡単で効率的なジョブ処理が可能になります。

モジュール構成により拡張可能

FreeFlow® Coreはベースソフトウェアとオプションモジュールで構成されており、必要に応じてオプションを追加することで機能を拡張できます。ビジネスの成長に合わせて拡張でき、自社に必要な機能のみを追加していけばいいので、無駄がありません。また、接続するプリンターも、追加コストをかけることなく複数台接続可能で、プリンターの状態を一元管理することもできます。

  • 注1Job Messaging Format
  • 注2Manifest Automation from Xerox

一連の出力プロセスを柔軟に自動化

FreeFlow® Coreは、さまざまな出力業務を自動化し、出力業務の生産性向上に大きく貢献します。これにより、煩雑で繰り返しの多い作業はFreeFlow® Coreに任せ、よりビジネスの価値を高めるクリエイティブな業務に時間を割くことが可能になります。

お客様のワークフローを1カ所でコントロールできます。

FreeFlow® Coreは、ジョブ入力から出力指示までの一連の流れを実現する各種のワークフローソフトウェアやシステムと連携し、1カ所でコントロールできるソフトウェアです。ブラウザーベースなので、デスクトップPCから簡単に操作できます。

ワークフロー

  • 入力ファイルとして、PDF、PostScript®[ps / eps]、JPEG[jpg]、PNG[png]、Tiff[tif]、Microsoft® Office[doc(x) / xls(x) / ppt(x) / pub]をサポート。これらのフォーマットはzipとしてまとめてジョブ送信できます。また、オプションで、VIPPファイルとPDF/VT-1もサポートします注1 。PDF変換の後、プリプレス処理、プリンターへの出力指示を行います。
  • 各プロセスを設定するとプリセットとして保存され、他のワークフローと共有して活用でき、ワークフロー作成の手間、時間を最小限にできます。
  • 定型的なワークフローだけでなく、ジョブ、ドキュメント、ページ属性ごとの条件によって分岐するワークフローも作成可能。さらに条件にしたがって、特定のワークフローを自動的に選択するなど、より柔軟な処理に対応します。
  • 指定した時刻、一定の保留時間、一定のジョブ数等の条件設定を行い、保留したジョブを集約し、条件を満たすとジョブ処理を開始するようにスケジューリングすることができます。
  • プリンターのディスク残容量によって、ジョブ送信の停止、再送を自動的に行います。注2
  • ジョブのコントロールや処理状態の閲覧が可能です。
  • ユーザーは、管理者、操作者、ジョブ状態監視者を行うユーザーの3つの管理レベルがあります。

ワークフロー

  • 注記オプションモジュールにより提供される機能もあります。詳しくは当社営業までお問い合わせください。
  • 注1FreeFlow® Core 4.0 SP1(バージョン4.0.1.1)以降でサポート。
  • 注2特定のプリンターのみサポート機能。

機能を容易に拡張できるモジュール構成

FreeFlow® Coreは、機能に応じたオプションのラインナップが多彩で、簡単に機能を拡張できるモジュール型設計です。また、外部ツールとの連携も簡単に行えるように設計されており、自動化の範囲を広げたり、付加価値を高めていくことができます。小さく始め大きく育てることができるので、最適な設備投資から始められます。

FreeFlow® Core [ベースソフトウェア]

一連の出力業務を自動化するソフトウェアです。ベースソフトウェアで、基本的なジョブの受信、送信、プリプレスやワークフロー、ジョブ管理機能などを提供します。プリンターの状態を一元管理することも可能です。

  • ジョブ送信、ステータス
  • プリンター管理/監視、ステータス
  • PDF変換
  • プリフライト
  • イメージエンハンス
  • 面付け
  • ホットフォルダー
  • JMF送信
  • ジョブ保存
  • プリンター送信、出力プリンター一括変更
  • ユーザーアクセス管理
  • メール通知
  • ワークフローのインポート、エクスポート

FreeFlow® Advanced Prepress モジュール [オプション]

プリプレス機能を拡張するオプションです。このモジュールが出力用のファイルを準備する上で、プリプレス工程を自動化する重要なカギとなります。

  • PDF最適化
  • カラー調整
  • バーコード
  • プレスマーク
  • ウォーターマーク
  • ページ挿入
  • ページ番号の追加
  • ジョブの連結
  • ページ回転
  • ページ削除
  • 縮小、拡大

FreeFlow® Advanced Automation モジュール [オプション]

条件分岐によるジョブ処理など、プリプレス処理の自動化をカスタマイズするオプションです。これまで手作業でやっていた操作やオペレーターの方が判断していたことを自動化するワークフローを構築でき、作業の効率化や高品質化が図れます。さらに、MISや他のソフトウェアなど外部システムとの連携も可能となります。

  • JMFによる外部連携
  • MAX
  • ワークフロー自動選択
  • プリンター自動選択
  • ジョブ分割
  • 外部連携(ホットフォルダー)
  • 外部連携(スクリプト処理)
  • 条件分岐

FreeFlow® Variable Data モジュール [オプション]

入力ファイルフォーマットとしてVIPP注1 ファイルとPDF/VT-1注2 をサポートするオプションです。バリアブル言語であるVIPPは、パーソナライズドコミュニケーションを実現する、お客様一人ひとりのご要望に合わせたバリアブルジョブを高い生産性で出力することを可能にします。このようなVIPPジョブも自動化ワークフローに取り入れることが可能です。

  • VIPPサポート
  • PDF/VT-1サポート注2
  • PDF変換
  • VIPPデータのジョブ分割(レコード単位分割)

FreeFlow® Output Management モジュール [オプション]

複数プリンターに対する分散出力等、出力機能を拡張するオプションです。お客様がお持ちのプリンターの機能や状況に応じて、いつ、どのプリンターにジョブを送るのが最適なのか判断し、ロードバランスしながら、ジョブを送信します。PDFのページ内のカラー比率から、各ページがカラーか白黒かを判定して、カラーページジョブと白黒ページジョブに分割することも可能です。

  • 複数ジョブをまとめて面付け
  • 複数ジョブの集約
  • ジョブ送信制御
  • 複数プリンターへのロードバランス出力
  • カラー分割印刷
  • 動的ジョブグループ生成と並び替え

FreeFlow® Job Submission モジュール [オプション]

出力に最適なプリンターを自動で瞬時に判断しジョブを振り分け、出力までのリードタイムの短縮をはかるオプションです。プリント前工程を自動化し、後処理に最適な形でジョブを出力します。プリンターへのジョブ送信、削除、コピー、編集、ジョブ処理の一時停止、印刷/再開、キャンセルなどの機能を提供し、プリンターやプリンターリソースの状態管理や、処理待ちジョブ数の管理も可能です。

  • ジョブ送信先選択操作支援
  • ジョブ管理
  • プリンター管理
  • ジョブ操作
  • ジョブ受信
  • ユーザー管理
  • 注1Variable Information Production Printware
  • 注2FreeFlow® Core 4.0 SP1(バージョン4.0.1.1)以降でサポート。

強力な外部連携機能により、一連のワークフローを柔軟に構成

FreeFlow® Coreがあれば、さまざまなタイプの外部システムに接続することが可能です。ホットフォルダーや、MAX、JMFなどのジョブのゲートウェイ(入口)を備えており、そのオープンアーキテクチャーによって、お客様先にある既存システムや社外のシステムとの接続も可能な柔軟性の高いソフトウェアです。

ジョブの入力は、ブラウザーベースのUIから取り込む以外にも、さまざまなゲートウェイをご用意(ホットフォルダー、JMF、MAX)

ホットフォルダーは、ジョブを格納するだけの簡単操作。ホットフォルダーを外部プロセスとリンクさせておけば、簡単な操作でジョブを処理させることが可能です。

JMFクライアントからのジョブ送信をサポート

JMF(Job Messaging Format)は、JDFを用いて、MISやその他の外部システムとジョブ情報の交換を行い、FreeFlow® Coreへのジョブ送信、ジョブ状態のモニタリングを可能とします。

ジョブデータの引き渡しを実現するMAX

MAXは、MISなどのお客様がお持ちの既存の注文管理システムから送信されたジョブデータ、印刷注文情報をFreeFlow® Coreに引き渡し処理することを可能にするインターフェイスです。注文管理システムとプリプレス業務を自動的に接続して印刷注文処理を効率化します。

既存のプロセスを変更せず、自動化を実現

FreeFlow® Coreは、処理したジョブをお客様がお持ちの既存システムに引き渡すことが可能なので、これまでのお客様のワークフローを変更することなく、簡単で効率的なワークフローを実現できます。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ