MediaDEPO® 特長

Function

容易なコンテンツ作成、登録、公開が可能です。視聴は、PCおよびモバイル端末から、気軽に行えます。視たいコンテンツが、簡単かつスピーディーに検索できます。コンテンツの理解を深めるための機能も充実しています。

コンテンツを作成する

簡単キャプチャーツールで、スマートに収録

PowerPoint、Excelで作成したスライド資料、Web画面や写真などを順次表示しながらPCに向かってしゃべるだけで、静止画にナレーションを加えたコンテンツが作成できます。ページ送りや戻りもそのままに、話し手の意志の伝わる効果的なコンテンツが作成できます。

簡単キャプチャーツールで、スマートに収録

コンテンツをより簡単に作成可能

  • 音声合成技術により、ナレーション(日本語・英語)の自動作成が可能です。
  • 複数動画の結合やビットレートの変換も容易に行えます。
  • 各種ビデオ機器や編集ツールの出力の際、動画機能を変換せずに取り込むことが可能です。
  • 動画へのテロップ、文字挿入が可能です。

動画登録画面動画登録画面

MediaDEPO Authorで、コンテンツを簡単作成

PCにUSBカメラを接続し、講義の模様を収録できます。PowerPointなどのスライド資料は、講師がMediaDEPO Authorで操作した手順そのままに取り込まれ、講師の動画とマージされてコンテンツが作成されます。あらかじめ収録された動画データの取り込みや、作成後の簡易編集も可能です。

講義同時収録

教室のAV機器やTV会議システムと連携して、講義の模様がそのまま収録できます。

MediaDEPO Authorで、コンテンツを簡単作成

プレゼンテーション収録

ビデオカメラなどを接続して、講義風景や発表会などの様子を収録できます。PowerPointなどのスライド資料との連携も可能です。

画面操作収録機能

PC上でソフトウェアなどを操作する手順を、そのまま動画として収録できます。

多彩なファイル形式に対応

MPEG、WMV、PowerPoint、DocuWorks、JPEG、HTMLファイルなどに対応。

コンテンツを登録・公開する

スピーディーにコンテンツを公開

管理者は、Web画面からコンテンツを簡単にアップロードできます。

スピーディーにコンテンツを公開

スマホ、タブレット端末からの情報登録が可能

スマホ、タブレットなどで撮影した動画を、そのままMediaDEPOサーバーに登録できます。

複数コンテンツを一括登録可能

MediaDEPO Authorや簡単キャプチャーツールで作成したコンテンツを、複数同時に登録できます。

公開・非公開のチェックが可能

管理者が内容をチェックしてから公開する、という公開方法が選択できます。

公開・非公開のチェックが可能

公開・非公開を自動設定可能

コンテンツの登録時に開始日時と終了日時を指定することで、自動公開・終了が行えます。

文書ファイルの配信も可能

動画コンテンツとともに、Microsoft WordやExcel文書も配信できます。

QRコードからスムーズに動画の視聴が可能

QRコードから目当ての動画を呼び出すことができます。

紙マニュアルや製品自体にQRコードを埋め込むことで、必要なときにすぐに詳細動画を視聴できます。

QRコードスマートフォンでQRコードを読み取り、MediaDEPOコンテンツを視聴できます。

視聴環境にログインする

個人のポータル画面へユーザーIDでログイン

ログインすると、アクセス権のあるコンテンツがフォルダー構造/リストで表示されます。コンテンツは、お気に入り/講座/検索/検索フォルダーなどのさまざまな視点から検索・閲覧できます。

個人のポータル画面へユーザーIDでログイン

Webページへのコンテンツ埋め込み可能

動画コンテンツを公式ホームページやイントラポータルサイトに埋め込み表示できます。既存のWebサイトの情報価値を高めるとともに、アクセス数の向上が期待できます。

Webページへのコンテンツ埋め込み可能

モバイル/PCを連携した、つづき視聴

モバイル端末およびPCからの視聴履歴が一貫して管理されます。途中までPCで視聴し、つづきは外出先で…といった利用が可能です。

モバイル端末からの視聴履歴が一貫して管理。ログイン画面、コンテンツ選択画面、視聴画面。

コンテンツを視聴する

MediaDEPO 視聴画面

(A)必要な資料のダウンロード

視聴中のコンテンツに関連する資料を、視聴画面からダウンロードできます。視る、検索する、確認する、フィードバックする…の機能が視聴画面にすべて集約されています。

コンテンツ概要を確認

そのコンテンツをどの程度視聴したか(視聴率)を%表示します。また、視聴済みの個所の確認も容易です。

動画スライダー機能

動画コンテンツの"変わり目"を自動判別し、パラパラ画像で表示します。立ち読み感覚でコンテンツを確認できます。

視聴率を%表示、動画スライダー機能

(B)視聴画面のレイアウト変更が可能

ユーザーは、動画中心画面/資料中心画面の選択が容易に行えます。

(C)ユーザーインターフェイスの英語対応

操作環境の英語表示が可能なので、海外に向けた情報発信も容易です。

動画サマリー機能

動画コンテンツを自動的にサマライズし、大・中・小の画像で表示します。視たい場面を探したり、概略を容易に確認できます。

動画サマリー機能

(D)早送り・巻き戻し

すでに視聴した場面の早送りや、聞き逃した個所の巻き戻し再生が可能です。

早送り・巻き戻し

コンテンツを検索する

多様なコンテンツ内検索機能を搭載

  • 音声検索注1
    キーワードをテキスト入力すると、動画の中でしゃべられた個所(時分秒)を表示します。関心のある個所へ、素速くアクセスできます。
  • スライド検索
    資料として使用されているPowerPoint内のテキスト文字を検索できます。
  • シーン検索
    動画の代表的なシーンをサムネールで一覧表示し、確認できます。

音声検索、スライド検索

多様な視点から、効率的にコンテンツを検索

  • フォルダーフレーム
    視聴権限のあるすべてのコンテンツフォルダーを表示します。フォルダー名と階層構造で、コンテンツが容易に探せます。
  • 検索フレーム
    PowerPointなどの資料内の文字列、タイトルなどの属性が検索できます。また、文書の全文検索が可能です。
  • 講座フレーム
    受講が必須となる講座フォルダーが、受講済み・受講中・未受講の分類で表示されます。
  • お気に入りフレーム
    視聴中、コンテンツの重要な部分(時分秒)を"お気に入り"として保存し、繰り返して視聴することができます。

フォルダーフレーム、検索フレーム、講座フレーム、お気に入りフレーム

  • 注1音声検索は音声の録音状況によっては十分な結果が得られない場合があります。

コンテンツ内容への理解を深める

MediaDEPO 視聴画面

(E)テスト機能

コンテンツの視聴と連動して、理解度確認テストが実施できます。選択式(正解が1つ/複数)、参考画像を表示する/しない、回答時間制限、ランダム出題、受験回数制限など、多様なパターンのテスト問題設定が可能です。

テスト機能

(F)ユーザーの理解を助けるさまざまな機能

  • ノート機能
    視聴しながらメモが取れます。入力中は再生が一時停止するので安心です。
  • お気に入り機能
    気になる場面をブックマーク(コンテンツの特定の時分秒)登録し、後から自由に再生できます。
  • 投票(いいね!)機能
    おすすめのコンテンツとして投票することができます。

人気コンテンツの参照

他のユーザーがおすすめのコンテンツとして投票した、評価の高いコンテンツを参照できます。

コンテンツや視聴者を管理する

MediaDEPO 視聴画面

(G)アンケートの実施

発信者の狙いに沿ったアンケートを作成し、ユーザーの意見が把握できます。

アンケートの実施

講座フォルダー進捗管理

ユーザーがコンテンツを100%見たか、テストに合格したか、アンケートに回答したか、などの進捗状況を管理できます。トップダウン形式のコンテンツ配信を徹底したい場合などに有用です。

きめ細かにユーザー管理

  • ユーザーグループの作成・登録・削除が容易です。
  • ユーザーグループごとにアクセス権の設定が行えます。
  • グループ管理者がグループ内メンバーの視聴状況を把握できます。
  • ID連携オプション(別売り)でActive Directoryとの同期、認証連携が可能です。

ユーザーへの情報告知

「お知らせ」や新着コンテンツ情報をトップページに掲載できます。

ユーザーの習熟度・理解度を見える化

ユーザーの視聴状況、視聴率、テスト実施状況(点数、合否)、アンケート回答状況などが一覧表示できます。また、部署やグループごとの視聴傾向も把握できます。

ユーザーの習熟度・理解度の一覧表示

  • 対象ユーザーを検索
    テストの合否や点数、アンケートの提出/未提出、視聴状況(視聴完了/未視聴/視聴中)などの視点から対象となるユーザーを検索し、一覧表示できます。
  • 督促メールの送信
    あらかじめメールテンプレートを準備しておき、未視聴ユーザーに視聴を促す督促メールが送信できます。

対象ユーザーを検索、督促メールの送信の画面

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について