Production Cockpit® 特長

Production Cockpitとは

スマートファクトリー化が、印刷ビジネスを大きく変える

印刷会社のスマートファクトリー化とビジネス拡大のための変革を実現する統合型ワークフローソフトウェア Production Cockpit

生産性向上と業務改善に貢献するProduction Cockpitが、印刷会社のスマートファクトリー化を実現し、印刷ビジネスの変革を推進します。

Production Cockpit 3つのポイント

Production Cockpitは、印刷の全工程を1か所で管理可能な、統合型ワークフローシステムを実現するソフトウェア。「オープン化」「全工程の自動化」「見える化」により、生産性向上と業務改善を図ります。Production Cockpit導入により生まれる新たな時間と人材を、より付加価値の高いビジネス拡大のための業務やクリエイティブな業務にシフトすることができます。

オープン化、全工程の自動化、見える化

受注/入稿、プリプレス、印刷、加工、検品、発送

1.オープン化(Open platform)

オープンプラットフォーム

お客様の環境には、各印刷工程を実現するさまざまなメーカーのシステム・設備が導入されています。Production Cockpitは、これらをつないで、1つのユーザーインターフェイス(UI)からのジョブ管理を可能にします。

オンライン機/オフライン機一括管理

JDF注1 やXMLなどの標準的なフォーマットを介して、受注ジョブや処理内容などを各システム・設備とオンラインでやり取りします。JMF注2 対応の印刷機/加工機なら、連携機器の処理状況もProduction Cockpitがリアルタイムに把握。オンライン接続できない機器も、手動入力やバーコード処理で、オンライン接続機と一括管理が可能です。

オフセット印刷機/デジタル印刷機統合管理

オフセット印刷機とデジタル印刷機を統合管理するハイブリッドワークフローを実現。当社製デジタル印刷機だけでなく、他社製デジタル印刷機、オフセット印刷機との連携もサポートします注3 。時代が求める多品種・小ロット、短納期での印刷には、デジタル印刷機が最適。Production Cockpitにより、ワークフローの中でデジタル印刷機を管理すれば、管理工数をかけることなく多品種・小ロットジョブにも対応できます。

デジタル印刷機小ロット印刷のイメージ
  • 注1Job Definition Format。
  • 注2Job Messaging Format。
  • 注3連携する機器については、当社営業までお問い合わせください。

2.全工程の自動化(Automation)

全工程を網羅した自動化

従来のワークフローソフトウェアとProduction Cockpitが決定的に異なるのは、工程の部分最適化ではなく、受注から発送まで全工程の最適化が可能ということ。全工程を網羅し、上流システムから取得した情報や事前設定に基づき、ジョブ情報を自動で各プロセスに流すことができるため、真の生産性の向上が期待できます。

Production Cockpit、共有フォルダー、連携システム:スケジューリングの最適化イメージ図

グルーピングによる合理化

用紙種類など、同じ属性のジョブを自動でまとめてグルーピングして印刷を行います。用紙替えなどの手間やジョブ間のダウンタイムを最小化することで、より効率的な印刷を実現。お客様ごとや発送予定日ごとにグルーピングすれば、印刷に続く工程も合理的に進行できます。

グルーピングによる合理化

スケジューリングの最適化

印刷枚数/加工処理数、各機器の処理能力、各機器の稼働スケジュールに基づき、各機器の空き状況から、あらかじめ印刷/加工のスケジューリングを自動で行います。人が行っていた作業を自動化することで、最も効率の良いスケジュールが短時間で組めるようになります。納期の迫っているジョブから印刷/加工するなど、設定した優先条件に基づいたスケジューリングも可能です。

スケジュール画面スケジュール画面

実運用に対応した手動操作

実際のお客様の運用では、自動化だけでは対応しきれない工程が存在します。そのようなケースも、手動操作や再印刷機能により確実にサポート。自動で作成されたグループジョブやスケジューリングは、実態を見ながら手動で調整できます。また、印刷注4 /加工注4 /検品/発送工程のステータスは、オペレーターが目視確認後に手動で完了できます。印刷業のお客様を知り尽くした富士ゼロックスならではの、実運用に準じた仕様です。

検査結果を取り込み再印刷

検査装置と連携し、印刷物の検査結果を取り込むことができます。注文数、予備数、良品数、不良品数を並列表示できるので、エラージョブ発生時は、再印刷の必要性を容易に判断でき、再印刷指示を行えるので、リカバリーもスムーズです。同様に後加工に関しても、加工機から送信されたステータス情報により加工結果の取り込みが行えます。

再印刷画面再印刷画面
  • 注1JavaScript Object Notation。
  • 注2Management Information Systems。
  • 注3Business Intelligenceツール。
  • 注4JMF対応機は、処理完了後、自動で仮完了ステータスになります。

3.見える化(Visualization)

ジョブ進捗状況/機器稼働状況

ジョブの管理・閲覧がWebブラウザーから行えるため、各工程の担当者が担当案件の進捗を簡単に確認できます。また、生産状況をビジュアル的に表示することに優れており、日常業務や工場全体の稼働状況をリアルタイムに可視化でき、業務の見直しや改善に役立てることができます。

ジョブ管理画面(リスト形式)ジョブ管理画面(リスト形式)

受注ジョブの生産状況

受注ジョブは、「受注」「製品」「部品」の三階層の単位で細かく管理され、印刷・加工・発送などの各工程に適した、それぞれの単位で処理されます。ジョブごとに、各単位の生産実績/計画をタイムラインで表示することも可能。ステータスが色表示されるため、エラー/警告状態をいち早く見つけられ、納期遅れの発生リスクを軽減できます。

ジョブ管理画面(ガントチャート形式)ジョブ管理画面(ガントチャート形式)

「受注」「製品」「部品」生産実績/計画をタイムラインで表示

印刷機/加工機の稼働状況

各印刷機/加工機の生産計画と実績のギャップを、リアルタイムに表示します。1日分としてスケジューリングされているジョブの進捗率と生産余力時間を一目で確認でき、随時、余力のある機器にジョブを振り直すことで、工場全体の生産性をさらに高めます。

印刷機のステータス画面印刷機のステータス画面

実績の集計/分析

処理したログをExcel形式でエクスポート可能。エクスポートデータを、お客様が任意で編集・集計したり、BIツールと連携させて分析することで、コスト/マシン稼働率/トラブル要因/工場稼働率等の生産状況を可視化でき、経営判断を支える情報として活用できます。

プリンター稼働状況の表プリンター稼働時間(年次)の画面データ分析

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ