DocuWorks 8を核としたソリューションで解決

ケース1)紙文書による業務を見直したい

課題

  • 見積りのやりとりはファクスが中心。用紙代や通信費などのコストが大きな負担になっている。
  • 定形作業ではあるが、件数も多く作業負荷が大きい。作業を効率化したい。
  • 紙文書でファイリングして管理しているので保管スペースが足りない。

DocuWorks 8を核とするソリューションで解決

  • ファクス受信文書も送信文書もDocuWorksで一元化
    ファクス文書はパソコン上のトレイ注1が通知してくれるので、すぐにわかります。また、複合機までファクス文書を取りに行かずに済みます。
  • “お仕事バー”に関係する作業を登録することで、操作ミスをなくし、作業を効率化します。
  • 作成した電子文書はDocuShare注2サーバーに格納

ケース2)ドキュメントの情報共有を見直したい

課題

  • 店舗/拠点間や取引先との重たいデータのやり取りに手間がかかる。
    容量が大きくてメールやファクスでは送れない。
    重要メールなのに他のメールに埋もれてしまう。
    インターネット環境はあるが、VPN環境もなく、ドキュメントの情報共有がむずかしい。
  • 各店舗/拠点からの報告書のとりまとめや、各店舗/拠点への情報通知が煩雑化している。
    展開する電子文書のフォーマットが異なる為、1つにまとめられない。
  • 取引先から提出資料で問い合わせが入ったが、外出先なので手元に資料がなく、緊急の対応ができなかった。

DocuWorks 8を核とするソリューションで解決

  • Working Folder注3との連携で、ファクス送信にかかるコストを削減します。
  • 重たいデータでも手軽に共有できます。
  • 異なる文書フォーマットも、そのまま1つにまとめられます。
  • 外出先でも必要な資料が確認できるので、緊急の問い合わせも対応できます。

  • 注1 ドキュメントトレイ オプションは、DocuWorksの別売オプション商品です。
  • 注2 DocuShareは、別売ソフトウェアです。
  • 注3 Working Folder(有償)は、富士ゼロックスが提供するクラウドサービスです。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ