DocuWorks ワンポイントTIPS ―20.Officeファイルのサムネール表示

サムネール表示したいファイル形式を追加する

Microsoft® Officeファイルも、設定をすることでサムネール表示することが可能です。

DocuWorks Deskの[ファイル]メニューから[DocuWorks Deskの設定]を選択します。

DocuWorks Deskから設定

ダイアログが開きます。
[表示]タブを選択して[DocuWorksファイル以外のファイルを表示する]と[指定した種類のサムネールを表示する]にチェックが入っているか確認し、[ファイルの種類の指定]ボタンをクリックします。
Office拡張子(doc、docx、ppt、pptx、xls、xlsx)にチェックを入れます。OKボタンを押して閉じます。

ファイルの種類の指定

サムネール表示されたOffice文書が生成されます。

サムネール表示に変化

Officeファイル側の設定

上記の方法でサムネール表示ができない場合は、Microsoft® Word、Excel®、PowerPoint®側の設定が必要です。
Microsoft® Office 2010の場合、Wordでは[すべてのWord文書の縮小版を保存する]、Excel®では[すべてのExcelドキュメントの縮小版を保存する]、PowerPoint®では[プレビューの図を保存する]にチェックマークが付いている必要があります。
Officeのバージョンによって設定方法は異なります。

例:Microsoft® PowerPoint® 2010の画面

Office文書の設定