DocuWorks ワンポイントTIPS ―23.雲アノテーションの活用

変更箇所を自由に強調表示

雲アノテーション注1により、図面の指摘箇所の強調など自由な形で文書の一部分を目立たせることができます。

DocuWorks Viewerのアノテーションツールバーから[雲]注2を選択します。

ツールバーより雲を選択

カーソルが[+]に変わりますので、マウスの左ボタンを押しながら、図面の変更箇所の周りを囲みます。

左回りに囲む

囲み終わると図面の変更箇所に雲型の強調マークができます。
例では囲み線を赤3ptに、塗りつぶしを黄色(透過)にしています。

加工は自由に

  • 注1雲アノテーションはDocuWorks 7.3からの機能です。
  • 注2初期値では[アノテーション]ツールバーに設定されていません。[アノテーション]ツールバーの設定ウインドウから[新規作成]メニューから[雲]を選択する必要があります。