Remote Color Management® Service 特長

管理業務の負担を軽減

グラフやチャートでわかりやすく

診断結果をグラフやチャートで表示。今どのプリンターがどのような状態か直感的に把握できます。リアルタイムの表示も可能で、これまで把握しづらかった複数台や遠隔地のプリンターの色の状況を把握できます。また、クラウド環境を使用するため、プリンターのそばにいなくても的確に指示をだせます。

再出力の対応も安心

測定結果は都度管理サーバーに自動的に収集・蓄積されます。リアルタイムの状況把握が可能となり、後日、同じものを出力する時も、過去の状態を把握できます。

評価グラフ画面

評価グラフ画面

色について、お客様が独自の基準を持つことは業務の品質を担保するうえでとても重要です。富士ゼロックスによる色管理の視覚化・定量化は、お客様のブランド力向上に大きく貢献します。

お客様への報告もきめ細かく

レポート作成も簡単に

管理サーバーに蓄積されたデータに基づき、「日時レポート」や「経時レポート」などの報告書を簡単に作成することができます。日々の結果報告を行うオペレーターの負荷を軽減できるうえ、営業窓口ではお客様に対し、詳しいレポート提出が可能になります。

レポート見本レポート見本

より詳細な設定も可能

通常の「標準設定」に加え、より詳しい設定を行える「カスタム設定」も用意しました。X-Rite社の測色器「i1® Pro 2」などの専用の測色器を組み合わせて使用することもできます。「標準設定」では、CMYKデバイスリンクプロファイルやキャリブレーションターゲットなどを、典型的な条件をベースにして簡単に設定できます。一方の「カスタム設定」では、お客様の運用状況にあわせて、新たなプロファイルやターゲットを独自にきめ細かく作成できます。

また、色管理目標の判定基準についても「標準設定」が自動設定であるのに対し、「カスタム設定」は独自の基準を作成することができ、より精度の高い色管理が行えます。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ