Working Folder® 特長

お客様のデータを守る高いセキュリティー

安全・安心なデータ管理

お客様が保存したデータは高いセキュリティーで管理されています。

安全・安心なデータ管理

データの暗号化

Working Folderではファイルを保存する時にすべて暗号化しているので、第三者がファイルの内容を知ることはできません。

厳しいアクセス制限

登録したファイルはサービスの運用担当者やデータセンターの運用担当者でもアクセスすることはありません。

データ削除

契約終了後は、お客様の登録したデータをすべて内部規定で定めた期間以内に削除します。

事業継続性を重視

お客様業務を止めないために十分な機器を構成しています。

事業継続性を重視

冗長化構成

複数のデータセンターを利用した冗長構成を取ることで、地震や停電などの災害が発生しても、サービス中断を最小限に抑えます。

物理的な破壊への対策

Amazon S3の利用により、99.999999999 %の耐久性、99.99 %の可用性を確保しています。

論理的な破壊への対策

人為的なミスやソフトウェア障害については、データの複数世代でのバックアップを行うことにより、データ保護を行っております。

堅牢なプラットフォーム

Amazon Web Services™

Working Folderサービスは、サービスのプラットフォームとしてAmazon Web Services, Incが提供するAmazon Web ServicesTMを採用しています。

富士ゼロックスはAWS Partner Network(APN)テクノロジーパートナーです。

機密性の情報セキュリティー

Webブラウザーだけでなく、複合機、DocuWorks 連携フォルダ for Working Folder、DocuWorks Viewer Light(iOS版/Android版)など、複数のクライアントからアクセスすることができます。

機密性の情報セキュリティー

経路の暗号化

すべてのクライアントは、HTTPSプロトコルのみを用いて通信を行います。通信内容はすべて暗号化されているため、インターネットの通信系路上での第三者による盗聴を防止することが可能です。

セッション管理

Working Folderのセッション管理は脆弱性評価システムやセキュリティー評価期間により安全であることが認められています。

サーバー上の感染防止

Working Folderサービスにはウイルスチェック機能はありませんが、サーバー上ではファイルの実行ができないため、サーバー上での感染の危険性はありません。

マルチテナント方式

マルチテナント方式では、複数のお客様企業が同じサーバーやストレージを共有しつつも、お客様はご契約のテナントをあたかも独立した専用サービスのように利用することができます。

ファイアウォール

Working Folderサービスは、サービス専用のファイアウォールを設けています。HTTPSによる通信のみ行っていることから、HTTPSの443番ポートのみを開放しています。

アカウントポリシー設定

ログインに使用するパスワードの文字種や有効期限等のポリシー設定を富士ゼロックスダイレクトのテナント管理画面から設定できます。

社内外関係者とセキュアにファイル共有が可能

アクセス権の設定やデータの暗号化により、セキュアな環境下で社内外での効果的な情報共有を実現します。

アクセス権の設定

ドロワーは全ドロワー、フォルダーは共有ドロワー内のフォルダーのみ、ユーザーやグループに対してアクセス権設定が可能。アクセス権は「読み取り専用」「書き込み可能」の2種の設定が可能です。

IPアドレスによるアクセス制限

IPアドレス制限の有効化/無効化設定が可能。接続許可するIPアドレスのリストを最大200件まで登録可能です。Working Folder Plusをご利用の場合は、許可するIPアドレスを範囲指定することができます。

あんしんドロワーでの制限

あんしんドロワーに格納した文書は、パソコンにダウンロードすることなく閲覧が可能です。

社内外関係者とセキュアにファイル共有が可能

  • 注記あんしんドロワーに登録可能な文書形式はDocuWorks文書、DocuWorksバインダー、PDFです。Webブラウザー(PC版表示)でのダウンロードは管理者が許可した場合のみ可能です。また、Webブラウザーからの印刷や表示画面のキャプチャーは制限していません。

Azure IDとの連携

お客様がOffice 365等でご利用中のAzure IDを使って、Working Folderへログインすることが可能です。ID情報の一元的な運用を実現します。

Azure IDとの連携

AzureIDでのログインは、以下でご利用いただけます。

  1. Webブラウザー(PC版表示)
  2. DocuWorks Viewer Light
  3. DocuWorks 連携フォルダ for Working Folder(文書暗号化機能は除く)
  4. 富士ゼロックスの複合機
    • ApeosPort-VII C7788/C6688/C5588
    • DocuCentre-VII C7788/C6688/C5588
    • ApeosPort-VII C7773/C6673/C5573/C4473/C3373/C3372/C2273
    • DocuCentre-VII C7773/C6673/C5573/C4473/C3373/C3372/C2273
  • 注記本機能のご利用には富士ゼロックスダイレクトへのユーザー登録が必要です。富士ゼロックスダイレクトの詳しい内容は下記ページをご参照ください。
    富士ゼロックスダイレクトのご案内

ユーザー管理のための豊富な機能

登録ユーザーの一括編集機能を採用、利便性を高めました。また、ユーザーごとの操作履歴をWebブラウザーで確認できるほか、CSVファイルとしてダウンロードすることも可能です。

使用状況について/操作履歴ダウンロード

ユーザー一括編集機能

ユーザーの新規登録や所属グループの一括編集、ユーザー登録の解除などの操作についてCSVによる一括編集が可能です。

操作履歴ダウンロード

指定された月の操作履歴をCSVファイルとしてダウンロードできます。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について