カンパニーフィロソフィー

→ 会社概要
→ トップメッセージ
→ カンパニーフィロソフィー
→ 福利厚生
→ 企業理念とCS行動指針

本社風景

森の中でふたまたの道があり
一方は踏みならされた
もう一方は誰も通った跡がなかった
わたしは後者を選んで
それが大きな違いをもたらした
(「行かなかった道:ロバート・フロスト」)

これは私たちゼロックス社員のバックボーンである「フロンティア精神」を表した詩として、困難に突き当たった時に思いだされる詩です。
ゼロックスがこの世に誕生して以来、幾多の困難な事態や障壁が立ちふさがってきましたが、常に失敗をおそれず勇気をもって克服してきた先人の偉業を糧として、現在の私たちにも進取の気鋭でことに当たることを示唆しています。

私たちが住む「青い国、四国」は“愛の里”「あいさと(あ:阿波、い:伊予、さ:讃岐、と:土佐)」でもあります。この自然と愛に囲まれた四つの国の発展に貢献できますように、富士ゼロックス四国は「フロンティア精神」を根底に、CS経営・ES経営・環境経営を三つの柱として品質経営を追求し、お客様から“心の信頼”をいただけるパートナーであり続けたいと考えています。