教室日記

教室日記

かんたん冊子出力

今回は、丸亀教室に参加されたお客様のお話です。

最近DocuWorksをご導入いただいたのですが、Wordで作成されている会報を2面付け両面で印刷し、半分に折って配布されていらっしゃるそうです。
その際、ページを1、4、2、3の順番に作成されていたとのこと。
そこでご提案したのは、複合機やDocuWorksの機能を使って、ページを並べ替えしなくても簡単に冊子出力ができる方法です。

富士ゼロックスの複合機・プリンターをお使いであれば、「小冊子」もしくは「製本」という印刷方法を利用して面付けができます。その際、DocuWorksの「見出し・ページ番号の設定」機能を使えば簡単に見出しやロゴ、ページ番号を入れることが可能です。

また、両面印刷ができない複合機・プリンターをご使用の場合でも、DocuWorksの「ページの割り付け」機能・「ページの並べ替え」機能を使用すれば、DocuWorksで小冊子状に面付けをした後、ページを奇数と偶数に分け、奇数文書を印刷後、裏面に偶数ページを印刷することで、簡単に冊子の出力ができます。(下図参照)

かんたん冊子出力説明図

これで紙の使用量も1/4、複合機であれば印刷代も1/2に削減できますので、環境への配慮や経費削減にもつながりますよオンプマーク

チャレンジしてみてね!

2007年11月5日




ここまで本文