教室日記

教室日記

便利なプラグイン-後編-

皆さん、こんにちは!先月に引き続き、便利なプラグイン機能「ページの加工」ボタンの紹介です。バージョンによっては表示されていない場合がありますので、「プラグイン」メニューから「設定」を選択し、「追加できる項目」を指定、「追加」をクリックすると表示できます。

便利なプラグイン-後編-説明図

このボタンにはたくさんの機能があります。「イメージページ」「アプリケーションページ」「共通」と3つのタブがありますので順を追って紹介します。

1 イメージページ
スキャナから取り込んだ文書などのイメージ文書に対して加工ができる機能が選択できます。

<容量を軽くする機能>

  • 「イメージページの解像度を下げる」
  • 「カラーのイメージページをさらに圧縮する」
  • 「カラーのイメージページの圧縮方法を変更する」で高圧縮(DocuWorks Ver.6以上)

<画像を補正する機能>

  • 「自動的にイメージページの傾きを補正する」
  • 「カラー文書のイメージページの画質を補正する」
  • 「グレースケールに近いカラーのイメージページをグレースケールにする」
  • 「白黒イメージのノイズ除去をする」

2 アプリケーションページ
Excel®でやWordなどアプリケーションソフトで作成したページを加工できる機能を選択できます。

  • 「イメージページに変換する」
  • 「ページ内のイメージの解像度を下げる」
  • 「ページ内のカラーのイメージをさらに圧縮する」

3 共通
イメージページとアプリケーションページともに作業できる機能を選択できます。

  • 「サムネールの情報を追加・削除」
  • 「アノテーションを全て削除」
  • 「オリジナルデータを全て削除」
ページの加工プラグインを使用すると、同じフォルダ内に「文書名-加工」といったタイトルで、 新たな文書が作成されます。

「カラーのイメージ文書の容量を小さくしたい」「アプリケーションページだけれど傾き補正がしたい」「 メールに添付する際にオリジナルデータをはずしたい」、そんな時はページの加工です! ぜひ、活用してくださいねオンプマーク

ぜひマスターしてください!

2008年3月10日




ここまで本文