教室日記

教室日記

スキャンの解像度

あるお客様から、DocuWorksで図面管理を始めようと思うけど、既存の紙図面をどのくらいの解像度でスキャンすればいいですかね?と質問がありました。一般的な目安としては、、、

● 200dpi
パソコンのみで閲覧の場合
● 300dpi
印刷して使う場合(人間の目はおよそ300dpiの解像度を持っていますので200dpiのイメージデータはギザギザが目立ってしまいます)
● 400dpi
OCRを利用したり、ラスターデータをベクターデータに変換して使う場合

※解像度とは
スキャンされた画像は、基本的にすべて点(ドット)の集まりで構成されています。たとえば同じA4の大きさの画像でも、より多くの点の集まりで構成されていると、解像度が高くきめの細かい画像となります。ただし、解像度が高い画像は、解像度の低い画像に比べてデータの容量が大きくなります。
また、この解像度を示す単位として通常用いられるのが「dpi(Dot Per Inch)」という単位で、25.4mm (1インチ)当たりにどれだけ点(ドット)が含まれているかを示しています。

スキャンの解像度説明図

たとえば、400dpi でスキャンした画像データを、そのままのサイズで印刷すれば十分な品質の印刷結果を期待することができますが、拡大印刷すると画像を構成する点(ドット)も大きくなるので、解像度が低下して好ましい画像品質は得られません。 また縮小して印刷すれば解像度は上がりますが、印刷時間がかかるだけで画像品質の向上は見た目にはわかりません。

またDocuWorksでは、たとえばA1サイズを300dpiでスキャンした場合、DocuWorksDesk上でA3に縮小して取り込むことができ、A1で拡大出力しても画質はオリジナルのままで劣化しません。

スキャンの解像度は、使用用途と出力品質の保持を考えて設定してみてください。

うわっ!!!解像度が・・・!

2008年6月5日




ここまで本文